韓国軍合同参謀本部は16日、北朝鮮が15日午後12時33分頃に、平安北道(ピョンアンブクト)亀城(クソン)付近から、中距離弾道ミサイル「ムスダン」と見られるミサイル1発を発射したが、発射直後に失敗した模様だと明らかにした。

北朝鮮のミサイル発射は先月5日、ノドンと見られる中距離弾道ミサイル3発を発射してから40日ぶりとなる。また、ムスダンの発射は、今年6月22日以降、115日ぶりだ。

6月にムスダンが発射された時、北朝鮮は大々的に成功したと報じていた。米国防総省も同ミサイルの大気圏再突入の事実をはじめて認めた。

北朝鮮がミサイルを発射した15日は、米海軍が原子力空母ロナルド・レーガンを投入し実施された米韓合同軍事演習「不屈の意志」を終えた日であることから、合同軍事演習への対抗措置という見方もある。