iPhone 7の保護ケースに迷ったら!?安価だけどオシャレなアイテムはどう?

写真拡大

iPhone 7が販売されて約1カ月、そろそろかなりの人の手元に行き渡ったのではないでしょうか。人気のジェットブラックを始め、美麗な液晶やボディに傷をつけたくないという話をよく聞きますが、ならば保護ケースは重要になってくるはず! 慎重に選びたいですね。でも慎重になり過ぎても、その間に壊れたら元も子もない…。そこでエントリーモデルとしてオススメなのが、アンカー・ジャパンから発売された「手帳型保護ケース」です。

 

■手帳タイプとスリムタイプの2種類!

「Anker ToughShell Elite 手帳型保護ケース」(1599円)は、iPhone 7のために作られた専用設計なのでぴったりフィット。保護機能を意識しているだけあって、ポリカーボネート素材を使用し、前面のマグネットフリップカバーにより未使用時もiPhoneを守ってくれます。2つのカード入れに加えて現金用のポケットも搭載しているので、使い道はいろいろ。iPhone 7にはないストラップホールもあるので、カスタマイズ可能です。

カラーはグレー、ブラウン、ブラック。外装には合成皮革とリネン素材を使用しているため握りやすく、 また全面カバーはスタンドにもなる。

また、別タイプとして「Anker SlimShell Bright スリム型ファブリック保護ケース」(1199円)も用意されています。こちらは強化ポリカーボネートとTPU素材を使用し、 柔軟性を保ちながら、 衝撃からiPhoneの背面と側面を保護する。前述の手帳タイプとは違うが、ケース表面の縁が高なっているのでiPhoneを伏せておいた時も、スクリーンが傷つかない仕様に。

sub2 重量はわずか約23g。カラーは手帳タイプと同じ3色展開。

防水仕様で多少タフに使えるようになった印象のあるiPhone 7ですが、やはり過信は禁物。過去に液晶やボディに傷をつけた経験のある人は、やはり衝撃から保護するのがベターでしょう。

アンカー・ジャパン >> https://jp.anker.com/

(文/&GP編集部)