nanoca designの 「別珍コースター」。上からまる赤、まる桃色、柑、月欧各1,000円

写真拡大

ティータイムを楽しむなら、茶葉だけではなく、お茶をいれるグッズにもこだわりたいもの。いつものお茶の時間をレベルアップさせてくれる、かわいくて高機能なグッズを森井ユカさんに教えてもらいました。

【写真を見る】廣田硝子の「スナ式トケイ」。金(3分)、紫(5分)各2,500円

【nanoca designの「別珍コースター」】

まんまるかわいい、手触りのよいコースター。「別珍の国内生産のほぼ 100%を占める静岡で、別珍を再生するプロジェクトから生まれた商品。なめらかな手触りと愛らしい形が◎」。

【廣田硝子の「スナ式トケイ」】

明治 32年創業のガラス工房が作る、鮮やかな砂の色合いがきれいな昔ながらの砂式時計。「茶葉を蒸らす時間は、ちょっぴりじれったいもの。でも、こんなかわいい砂時計があれば眺める時間も楽しくなります」。

【アシストオンの「 tea-pot-bottle with strainer」】

いつでもいれたてを飲めるストレーナーつきのボトル。デザイン事務所「 nendo」と静岡の緑茶工業協同組合のコラボ商品。「形がとにかく美しい水筒。急須機能がついているので、どこでもお茶をいれて飲めます」。

こんなかわいくて優秀なグッズがあれば、お茶をいれるプロセスまでワクワク楽しくなってきますね!【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】