秋冬も油断大敵!食中毒の原因菌を「つけない」ための調理器具の扱い方

写真拡大

少しずつ涼しい日が増えてきて、これからは鍋料理やカレーなどを作っても食中毒の危険などは少ないと考えていませんか? ですが、夏でなくても食中毒の危険はあります。

食中毒の基本は「つけない」「ふやさない」「やっつける」です。

「つけない」は調理器具や食器類を清潔な状態にすること、「ふやさない」は食材や料理を適切に保存し、食中毒の原因菌を増やさないこと、「やっつける」は加熱をして菌を殺すことです。

今回は、健康運動指導士、管理栄養士の藤田朋子さんに、「つけない」に焦点を当て、調理器具の衛生管理について聞いてみました。

 

■まずは手洗いから

まず、調理器具や食器を扱う前は必ずしっかり手洗いをすることが重要だそうです。

食中毒はもちろん、これからの季節特に注意したい、風邪やインフルエンザなどの予防でもあり、マナーでもあります。

「手の平、手の甲はもちろん、指の間、爪の間、手首も忘れずに行い、すすいだ後は清潔なタオルやペーパータオルでしっかり拭きましょう。

そして、どの調理器具や食器も、細菌の増殖を防ぐためにも、使用後はできるだけすぐに洗剤で洗って流水でよく流すのが基本です。

例えば、サラダのお皿の扱いですが、ドレッシングをかけてないから(=油類を使ってないから)水洗いだけ……というのは衛生上の観点からは好ましくありません」

たとえ油分のない食事を盛っただけの食器だとしても、清潔なスポンジに洗剤をつけ、しっかり洗い、水で流しましょう。熱湯をかければ消毒効果がアップしますし、漂白剤に浸け込むと殺菌効果がアップするそうですよ。

 

■調理器具別「お手入れポイント」

(1)まな板

まな板は一見表面はキレイに見えますが、包丁で切ったときの細かいキズが結構ついているのだとか。

「表面の傷に汚れや細菌が入り込んでいるので、しっかりこすり洗いをして下さい。また、用途別(野菜用、魚用、肉用など)にまな板を分けるのも大切です。もし、まな板が一枚しかない場合は、用途を変えるごとにしっかり洗いましょう。

例えば、生の鶏肉を切った後、さっと水洗いしたのち、野菜を切ってそのままサラダにしたとなると、カンピロバクターに感染する可能性が大きくなりますので注意が必要です」

まな板を複数用意すると場所を取ってしまいますが、衛生面では重要なようですね。薄いタイプのまな板を追加で買うといいかもしれません。

(2)包丁

洗う時はケガをしないように注意しながら洗いましょう。

「表面はスポンジで構いませんが、柄の部分や刃の付け根はスポンジだと洗い残しが出てしまいますので、ブラシなどで洗うと良いですね」

(3)鍋

様々なタイプの鍋がありますが、どの鍋も基本はスポンジで細かい傷がつかないように洗う事が大切だと言います。

「しまう際はしっかり水分を切り、完全に乾いた状態でしまいましょう。残った水分が原因でカビが繁殖してしまうこともあるからです」

鍋は大きめなので、拭くのが大変で、軽く水を切っただけで片づけていた人はいませんか? 乾いていないとカビの原因になるようなので注意しておきましょう。

 

■ふきんやスポンジの衛生管理

(1)ふきん

ふきんは使用後に水洗いをして、つい部屋干ししてしまいがちですが、これはかなり危険があるようです。

「ある実験によりますと、使い終わった後のふきんを水洗いし、室内干しをしていると、半日で雑菌数が700倍以上に増殖する、というショッキングな結果となりました。そのふきんを水洗いし、テーブルなどを拭きますと、菌を広げている状態となります。

理想としては、念入りに洗い、日光で乾燥させることです。定期的に漂白剤につけて殺菌をするのも良いですね」

流し周りやシンクを拭いたふきんでそのままテーブルを拭くのも、高確率で細菌がテーブルの上に広がってしまうそうです。

ふきんは汚れやすく、拭く場所も様々ですので、食器用、台拭き用など数枚用意しておくのがいいのだそうですよ。

(2)スポンジ

食器を洗い終わった後、洗剤が残っていると「もったいないから」という理由で洗い落とさないという方は注意が必要です。

「洗剤成分が染み込んだままにしておくと、一見清潔だと思いがちですが、スポンジの隙間に入り込んだ洗剤や食品のカスや汚れをエサにして細菌が増え、そのスポンジで食器を洗ってしまうと、細菌を食器につけることにもなりかねません。

ただ、乾燥させることによって、そのリスクはかなり減りますので、使用後はしっかり洗剤を落とした後に、ふきん同様、日光で乾燥させましょう。ときには、熱湯に漬け込むか、煮沸して殺菌もいいですね」

数個用意して、常に乾燥したものを使うようにすると良いですね。ふきんやスポンジが複数ないという場合は、複数を使い分ける方法に変えるとよさそうです。

 

いかがでしょうか? 普段キレイにしようと思ってしている行動が、菌を広げてしまっていることもあるようですね。

涼しくなったからといって油断していると、雑菌はどんどん増えてしまいます。きちんとした対応をとっていつでも清潔に保ちたいですね!

(ライター 大山奏)

 

【取材協力】

※ 藤田朋子・・・健康運動指導士、管理栄養士。千葉県在住。幼いころから体育が苦手だったが、大学卒業後、公共運動施設のスタッフとして働く中で、運動の良さを認識する。26歳の時、小学生の頃から飼っていた愛犬の認知症介護と死をきっかけに、人間だった場合の介護の負担の大きさに気付く。以後、介護予防に目覚め、若年〜中年の特定保健指導やフィットネス指導、高齢者向けの体操教室などを通じて「将来、介護・看護を必要としない身体作りを広める」をコンセプトに活動中。『Fトモの本音』

 

【関連記事】

※ ギャ〜!大事な衣類についた「食べ物汚れ」を真っ白にする洗濯テク

※ チャチャッと作りたい!500名のママに聞いた実践している「料理の時短テク」TOP5

※ 気づけば無駄遣い!「ネットスーパーで損する買い物の仕方」落とし穴7つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 旦那も思わず二度見!? 「魅惑のバストを目指す」サプリメントはこれ

※ 【FPが解説】徹底比較!食洗機と手洗い、お得なのは…

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは