アンジャッシュ・児嶋一哉がヒロミへの弟子入りを断られた過去

写真拡大

16日放送の「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ系)で、アンジャッシュ児嶋一哉が、ヒロミに弟子入り志願した過去を語った。

番組では、結成23年を迎えたアンジャッシュのコンビ仲を探るため、高校時代の出会いなどを時系列で紹介していった。

この中で、高校卒業からコンビを結成するまでの間に、児嶋がヒロミに弟子入り志願したエピソードが披露される。なんでも児嶋は、芸人になりたかったのだが当時は東京にお笑い養成所がなく、困っていたとか。そこで、芸人の道をつかむため、中学の先輩であるヒロミに弟子入り志願したということだった。

だが、、ヒロミは児嶋の志願を断る。代わりに、当時ヒロミが所属した芸能事務所・人力舎のお笑い養成所を勧められたというのだ。ちょうど人力舎が、東京初のお笑い養成所の開校を進めていたという。また児嶋は、のちにヒロミから聞いた話として、自身の弟子入り志願を「すげえ気持ち悪い奴が来た」と思っていたらしいと明かしていた。

【関連記事】
アンジャッシュの児嶋一哉が「人力舎の松本人志」と呼ばれていた過去
アンジャッシュの渡部建に店を潰されたという先輩芸人が恨み節を連発
アンジャッシュの児嶋一哉がスピードワゴンの小沢一敬から根性焼きをされた過去