写真提供:マイナビニュース

写真拡大

女優・木村多江が16日、都内小学校にて行われた、映画『金メダル男』(10月22日公開)公開直前起爆イベントに、お笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの内村光良、Hey! Say! JUMPの知念侑李とともに登場した。

同作は、内村が原作・脚本・監督を手掛けたオリジナル作品。2011年に内村が行った1人舞台『東京オリンピック生まれの男』をもとに、あらゆるジャンルで一等賞になることを目指す男・秋田泉一の波乱万丈な人生を描く。内村は主人公・泉一を、知念は若き日の泉一を演じ、木村はヒロイン・亀谷頼子を演じる。

何事にも金メダルを目指す作品にちなみ、3人は踏み台昇降の世界記録に挑戦。始まる前は「自信がない」と弱気の木村だったが、スタートすると髪を振り乱して本気で踏み台昇降に没頭し、隣の内村が驚くほどだった。1分間の運動が終わると、その場にへたり込み、胸を押さえて苦しそうな様子を見せ、酸素を吸入していた。

終了後、「手足が震えています」という木村は60回とまずまずの記録。「もっとできないかと思ってたので、まあいいかな」と満足げな様子を見せた。65回だった内村は「(木村と)僅差じゃないですか。俺、全力で走って僅差じゃないですか!」と驚きの声を上げる。知念は92回と世界記録に迫る回数を見せ、木村は「世界まで後1歩!」、内村は「やっぱ22歳は違うな!」と称賛した。

また、小学生から「頑張っても1位になれなかった時、どうやって気持ちを切り替えたらいいんですか?」と質問を受けた木村は「悔しい等気持ちが湧いた時は、次に頑張るチャンスだと思って頭を切り替える」と笑顔で回答。「次こそ頑張るぞと前向きに頑張って、また1番を目指そうとバネにします」と真摯に接していた。