陶芸の技術を極めると、陶芸以外のものに見せかけることも可能になるようです。

ダンボール製にしか見えないマグカップをご覧ください。

 

My ceramics professor can turn clay into cardboard : pics


これが陶器のマグカップ!?

そこらにあるダンボールを切り貼りしたようにしか見えません。
ですが、正真正銘の陶磁器製とのことです。

海外掲示板の感想をご紹介します。

●これは売れると思う。ホームレス風に見せるのは、ファッショントレンドなので。

↑自分は倉庫で働いていて、そこでコーヒーを飲めるのだが、このカップはすごくいい。

↑このホームレスルックを楽しむよ。自分はケンタッキーの田舎で生まれて貧困だった。体に染みついてるんだ……。そんな自分が今じゃトレンディだってことで、このマグが欲しいんだ。

●売っているところのリンクはどこなんだ。

↑ここ。
[画像を見る]
(Cups, Mugs, and Tmblers ? Tim's Ceramics)

●これはすごい、使いたい。特に仕事先では錆びた缶風のが欲しい。きっと周りを驚かせられると思う。
[画像を見る]

↑これは結構作るのは難しいんだ。その教授は陶器の学位を持っていることは確かだ。ただ陶器を紙に変えただけの意味とは違う。

↑きっと陶器からリアルな紙の学位を得たことは確か。

●艶出しの使い方が上手だ。テープが貼られて見える効果と、飲み口がスムーズになる効果がある。本当にこれはナイスアイデア。

●これをパーティで差し出すところを想像してみよう。
「なんだこれは、ゴミ箱からあさってきたのか?」
「うちにある一番高価なマグなんだよ」

↑そんなこと言うやつはいない。みんな「わお、繊細な高級料理と実用性を求めた食器とのコントラストが、知性を刺激するね」みたいなことを言うよ。

↑みんな、そんなことだって言わないさ。単に「おい、これイケてるぜ」だよ。

●スプレーペイント・アーティストとして、これのショットグラスが欲しい。

●ゴミをそうも魅力的に見せられるのなら、他に何ができるか知りたい。

●このマグを持ち歩くだけで楽しそう。


いくつかは売られているようですが、見た目がゴミのようだと、むしろ人の心をひきつけるというのが面白いですね。

【「うちの陶芸の教授は、陶器のコップをダンボールに変えることができる」魔法みたいだと称賛されていたデザイン】を全て見る