マイケル・ジャクソン、1992年のミュンヘンでのコンサートにて Photo by Mousse/ABACAPRE

写真拡大

米経済紙フォーブスが最も稼いだ故人ランキングを発表し、"キング・オブ・ポップ"として今も世界中のファンに愛されているマイケル・ジャクソンがトップに君臨した。Reutersが伝えている。

2009年に亡くなったマイケルは、2015年10月1日からの1年間で8億2500万ドル(約860億円)を稼ぎ、堂々1位に選出された。そのうちの7億5000万ドル(約790億円)は、ビートルズの曲も保有しているソニー/ATVミュージック・パブリッシングの持ち株の一部を売却した利益だという。マイケルに続く2位は、スヌーピーで知られる漫画「ピーナッツ」の作者チャールズ・M・シュルツで4800万ドル(約50億円)だった。

後ろには、ロックンロールをけん引したエルヴィス・プレスリーが2700万ドル(約28億円)を稼いで4位に、今年4月に鎮痛剤の過剰摂取で亡くなったプリンスは、彼の死後アルバムの売上高が急増したことで2500万ドル(約26億円)を稼いで5位にランクインしている。今年1月にガンのために急逝したデヴィッド・ボウイは、シングル&アルバムの売り上げ枚数がマイケルやエルヴィスより多かったものの、英国シンガーの所得自体が少なく見積もられているため1050万ドル(約11億円)の11位に留まったとフォーブスは伝えている。

ランキングは以下の通り。

1位 マイケル・ジャクソン(ミュージシャン) 8億2500万ドル
2位 チャールズ・M・シュルツ (漫画家)4800万ドル
3位 アーノルド・パーマー (ゴルファー) 4000万ドル
4位 エルヴィス・プレスリー (歌手)2700万ドル
5位 プリンス (ミュージシャン) 2500万ドル
6位 ボブ・マーリー (ミュージシャン) 2100万ドル
7位 ドクター・スース (作家) 2000万ドル
8位 ジョン・レノン (ミュージシャン) 1200万ドル
9位 アルベルト・アインシュタイン (理論物理学者) 1150万ドル
10位 ベティ・ペイジ (モデル・女優)1100万ドル
11位 デヴィッド・ボウイ (ミュージシャン) 1050万ドル
12位 スティーブ・マックイーン (俳優) 900万ドル
13位 エリザベス・テイラー (女優) 800万ドル

(海外ドラマNAVI)