15日、爆発報告が相次いだ韓国サムスン電子の新型スマートフォン「Galaxy Note7」に関し、米運輸省は国内すべての航空機内への持ち込み禁止に踏み切った。写真はジョン・F・ケネディ国際空港。

写真拡大

2016年10月15日、爆発報告が相次いだ韓国サムスン電子の新型スマートフォン「Galaxy Note7」に関し、米運輸省は国内すべての航空機内への持ち込み禁止に踏み切った。米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトが伝えた。

米国ではこれまで、機内で電源を入れたり充電したりしないよう呼び掛けられていたが、同省は今回、受託手荷物としての預け入れも禁止した。違反者は起訴されたり、罰金が科せられることとなる。この措置に市民の間からは「賛成」の声が上がる一方、「やり過ぎだ」との意見も出ている。(翻訳・編集/野谷)