張本勲氏の「内紛」発言に中大陸上部部長・野村修也氏が抗議「内紛などない」

写真拡大

16日、中央大学法科大学院教授・野村修也氏が、自身のTwitter上で野球評論家の張本勲氏の発言に抗議した。
この抗議は、同日放送の「サンデーモーニング」(TBS系)で、張本氏が来年の箱根駅伝への出場を逃した中央大を責め「情報によれば(部内で)内紛がある」と発言したことに対するものだ。

野村氏は、中央大学陸上競技部の部長として、内紛について「全くの事実無根」とし「精一杯頑張った選手と大学の名誉を著しく傷つけるもので到底看過できません。訂正と謝罪を強く求めます」とつづっている。

また野村氏は、箱根駅伝の予選会直前に中大の選手や監督らが結束する様子を伝え、「一体どこに内紛があったのでしょう」と憤慨している。
野村氏は、「サンデーモーニング」に訂正の電話を入れたそうだが、叶わなかったとのことだ。

【関連記事】
張本勲氏の「ガッツポーズ」発言に同情論も「面白いこと言わないといけない」
村西とおる監督 TBS「サンデーモーニング」を「偏向報道」と批判
張本勲氏のガッツポーズへの注文に板東英二が反論「殴ったことがある」