落ちにくい汚れをしっかり落とす

写真拡大

東芝ライフスタイルは、ドラム式洗濯乾燥機の新製品「TW-117X5L(左開き)」と「TW-117X5R(右開き)」を2016年10月に発売する。

従来機種(15年発売機種TW-117X3L/R)で3段階だった温水洗浄(約60℃除菌・約40℃洗浄/つけおき・約15℃洗浄)に、牛脂等の落ちにくい動物性油をしっかり落とす「約50℃洗浄」と、セーター等についた皮脂汚れを落とす「約30℃おしゃれ着洗浄」を新搭載。温水洗浄の温度帯を5段階から選べる(温水ザブーン洗浄)。

「乾燥お急ぎモード」は、定格容量7kgにも対応している。また、消費電力量を約1.4%削減した省エネ重視の「乾燥省エネモード」と、7kgを約108分で洗濯乾燥する「乾燥お急ぎモード」のいずれかを選べる洗濯乾燥モードを用意。さらに、1kgまでの化繊の衣類を60分で洗って乾かす「少量60分」コースも。

洗濯中にドラムを支える「振動吸収クッション」に横揺れを縦揺れに変換して揺れを緩和する「能動制御」の働きを追加。脱水時の振動を抑え、衣類の片寄りによるエラー停止を防ぐため、深夜、早朝の時間帯でも洗濯できる。

価格はオープンプライス。店頭予想価格は、30万円前後。