15日放送の「有吉反省会」(日本テレビ系)で、おばちゃん役で著名な女優・上村依子が、芸能界の闇について明かした。

上村は、そのキャラとは裏腹にSNSにアップしているプライベートのファッションがお洒落で話題になっているとして出演した。35歳からシニア役でドラマ出演しているため、「おばちゃん」のイメージが強い上村だが、無名だった20代の頃は銀座のホステスを務め、売れっ子だったという。

有吉弘行が「お客さんから口説かれたり大変だったのでは」とホステス時代について尋ねると、上村は自身の俳優業を公言していたそうで「〇〇さんのマネージャーがいて、『俺と寝たら(ドラマ)出してやる』って」と、規制音で名前を伏せながら枕営業に誘われたと暴露した。

スタジオは大いに驚愕し、有吉は「噂はあるなーと思ってたけど、あるね!」と仰天。なお、上村はそのマネジャーから誘われたものの「無理!と思って帰ってきた」という。枕営業が実際にあったことを知った有吉は「闇ですね」と目を丸くしていた。

【関連記事】
「5時に夢中!」で「枕営業」特集 芸能記者と小阪由佳が実態を語る
泉谷しげるがかつての映画業界で横行した枕営業を暴露「部屋に入ると女がいる」
「有吉反省会」で珍事 有吉弘行がゲストから反省を要求されタジタジ