アメリカ大統領選の共和党候補のドナルド・トランプ氏 (c)Imagecollect.

写真拡大

アメリカ大統領選の共和党候補のドナルド・トランプ氏が、リアリティスターのクロエ・カーダシアンについて暴言を吐いていた過去が伝えられた。

トランプ氏は女性蔑視の発言を収められた映像がリークされたり、セクハラ疑惑が相次いで伝えられたりするなどして、現在多くの非難を浴びている。

そんなトランプ氏は2009年にリアリティ番組「アプレンティス」でクロエと共演していたときに、彼女の容姿を馬鹿にする発言をしていたと「ハフィントン・ポスト」紙が伝えた。同番組のエディターは「彼は基本的に彼女を排除したいようでした。彼女のことを豚と呼んでいましたよ」と語り、トランプ氏が「(クロエについて)なんだよあれは?もっとホットな女性を起用できないのか?」と発言していたことを明かしている。

別の関係者も、「クロエをクビにしよう。彼女は太った豚だ。なんで醜いカーダシアンを起用しているんだ?」というトランプ氏の発言を暴露している。【ハリウッドニュース編集部】