いま、シングルの女性たちに届けたい記事を「Elite Daily」よりピックアップしました。「街を行くカップルたちを羨むような目で見てばかりいては、モッタイナイ」。こう豪語する女性ライターのJen Ruizさんによれば、おひとりさまの時の過ごし方に次の恋愛はかかっている、のだそう。

01.
絶対に自分に妥協しない

ひとりでいることは大変なときもあります。でも、自分に合わない相手と付き合うのは、もっと大変。もし充実した人生を送っているならば、あなたにちょっとしか興味のない人に台無しにされるなんてもったいない。

シングルは寂しいからと、妥協してはいけません。「この人だ!」と思える相手が現れるのを待ちましょう。

02.
「おひとりさま」を
楽しめる

退屈だったり、辛いとき、ひとりでいるのが酷に感じることもあるでしょう。けれど、できることなら誰かに頼らなくても、自分の力で幸せでいられる人間になっておきたいもの。

自分を刺激する本を読んだり、映画を観たり、新しい趣味を見つけてみたり、ジョギングしたり…。ひとりでも楽しい時間を過ごすため、できることに挑戦しましょう。

03.
自分を「癒す」達人になる

具合が悪いときや悲しいとき、面倒を見てくれたり、ぎゅっと抱きしめてくれたり、ゆっくり話を聞いてくれる人がいるのは、とても素敵なこと。

そうした人がそばにいない場合は、ぜひ自分で自分を「癒す」技を身につけましょう。おいしいワインを飲んだり、お気に入りの入浴剤でアワアワのお風呂に入ってみたり、「これをすれば元気になれる」という方法を見つけておくと安心。

将来、旦那さんが出張中の退屈なときにも使えるかも?

04.
友だちの幸せを祝福する

歳を重ねていくにしたがって、友だちの「結婚」や「出産」を素直に喜べない感情が顔を覗かせることもあるでしょう。でも、そこで辛い顔をしていたり不満な態度をとっていたら、あなたに訪れるはずの幸せさえも逃げていってしまうかも。

05.
「過去」を美化しない

忘れられない「元カレ」がいますか?でも、いつまでも別れた彼のことを引きずっていたり、ずっと頭の片隅においておくのは、決していいこととは言えません。あなたと元カレが実は運命の相手で、また巡り合って寄りを戻すなんていう可能性は、残念ながらとても低いのです。

寂しさのあまり、心の中で元カレを美化してしまい、どんどん深みにはまってしまう可能性のほうが、よっぽどあり得ること。気をつけましょう。

06.
本当に大切なことを
見極める

シングルの間は、自分が恋愛に何を求めるのか見つめ直す最適な期間。自分を成長させてくれる人がいいのか、笑わせてくれる人か、それとも一緒に健康的な生活を過ごせる人か。

「これだけは絶対に譲れない」、というものをもう一度しっかり自分の中で具体化しておきましょう。すると、今まで「これはダメ」と思っていた条件が、意外と大事なものではなかった、なんていうことに気がついたり。

07.
ダメな自分とも
向き合う

ひとりでいるときは、自分の考え方を知るにも良い期間。いつもいつも他人に同調するだけの「イエスマン」では困るし、何か困ったことがあったときも、彼の意見を真っ先にアテにするのではなく、自分でちゃんとした考えを持てる人でいたい。これまで相手に頼りすぎていたなぁと感じる人は、この機会に自分でしっかり考える癖をつけましょう。

08.
「未来」に生きる

シングルの間は「何をやったっていいじゃん!」、と思うかもしれないけれど、元カレのことや、一緒に過ごした楽しい時間を考えてばかり…というようでは困りもの。不思議なもので、過去のことを過去のこととして受け止め、心のスイッチをしっかり切り替えられたら、次のチャンスも訪れやすくなるものですよ。

09.
自分のために
オシャレをする

デートする相手がいなくなってしまうと、「オシャレ心に火がつかない」という気持ちもわかる。けれど、この際「誰かのための」オシャレではなく、「自分のために」オシャレする楽しみも知っておきたいもの。

「彼、こういうの趣味じゃないから…」と敬遠していた服やコスメも、身につけてみたら意外と似合うことも。

10.
探究心を止めない

彼と休みが合わないからなかなか行けなかった海外旅行、彼が高所恐怖症だからできなかったスカイダイビング…、今こそやってみませんか?もう、あなたの探究心を止めるものは、何ひとつありません。自分のために何か楽しいことをスタートしてみましょう。

あなたが幸せだなぁと思えることにこそ、時間やお金を費やすべきです。そうやって様々なことを経験したら、今度素敵な誰かに会ったときには、話したいことがいっぱいあるはず。

Licensed material used with permission by Elite Daily