獲得したメダルを披露する羽根田選手。東京五輪ではさらに上のクラスのメダルを狙う

写真拡大

ブラジルで2016年8月、約2週間にわたって行われたリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックではさまざまなヒーロー、ヒロインが生まれたが、なかでも、日本カヌー界に初のメダルをもたらした羽根田卓也選手(29、ミキハウス)は、もっともブレイクしたアスリートの一人だろう。昨年までは「あまり一般的ではないスポーツの、ほぼ無名の選手」。だが、その羽根田選手のことをマツコ・デラックスさんがテレビ番組で紹介、注目が集まるなかメダルを獲得して、一気に2020年の東京五輪での期待の星として輝くことになった。

都内のパレード終えJ-CASTがインタビュー

カヌーの「スラローム男子カナディアンシングル」で銅メダルを手にした羽根田選手。10月7日に東京都内で行われたオリンピック・パラリンピック日本代表選手団合同パレードに参加し五輪関連の主な公式行事をほぼ終え、その数日後、実家がある愛知県豊田市に向かった。年内は故郷と東京でトレーニングして過ごすという。その出発前にJ-CASTニュースのインタビューに答えた。

カヌー選手としての生活拠点は、豊田市の杜若(とじゃく)高校卒業後に単身で渡った欧州中部のスロバキア。同国はカヌー強豪国で練習環境が整っているという。首都ブラチスラバにあるコメニウス大学体育学部で学んで大学院に進み、今年、修士課程を修了した。「行った当初はスロバキア語のスの字も分からなかった」が、カヌーの実力ともども語学力も大幅な進歩を遂げた。

スロバキアでメダルを争える実力を養いのぞんだリオは3度目の五輪。「(メダル獲得の)自信はあまりなかった。とれるかもしれないとは思っていた」という。最初の北京(08年)は予選敗退、2度目のロンドン(12年)で7位入賞した。その後、14年には世界選手権で5位、アジア競技大会で優勝、16年には五輪前哨戦のワールドカップで3位など国際大会で安定した力を発揮するようになっていた。

「注目されなさすぎ」に不満な「友人」が怒りの投稿

羽根田選手のメダル獲得の可能性が高まり、同選手の周囲では期待度マックスに盛り上がっても、それ以上にはなかなか広がらない。それに業を煮やした(?)関係者がなんとかしようと及んだ手段が、マツコさんと有吉弘行さんが出演するテレビ朝日系のトークバラエティー番組「マツコ&有吉の怒り新党」へのメール投稿だった。「メダルをとれる羽根田選手がとりあげられないことに怒りを感じる」という内容。番組では映像を使って羽根田選手を紹介。マツコさんはそれを見て「カワイイ」と歓声をあげ、同選手の名前から「ハネタク」と呼んで親しみを込めた。この命名に「キャッチ―で、ありがたい感じ」と笑った。

メールの送り主は羽根田選手の友人を名乗っていたが、同選手によると実際は「兄の先輩」だったという。

番組放送(6月29日)から約40日後、大会第4日の8月9日(現地時間)、羽根田選手は銅メダルを獲得。日本カヌー界初の快挙でもあり「ハネタク」の愛称が瞬く間に拡散。パレードでも沿道に集まった人たちから「そう呼ばれた」とはにかんだ。

リオ五輪前後での変化を問うと、まっさきに「自分に対する認知度」をあげた。街でサインを求められることもしばしば。五輪前は「なかった」という。「みなさん、羽根田さんですよね、と礼儀正しく声をかけてくれる」

大会を終えて帰国してから「怒り新党」にゲストに招かれるなど、バラエティー番組にも出演。五輪前には経験がなかったタレント活動だが「楽しい」と笑った。

東京五輪では「水の神様」を頼りにしない

リオ五輪の銅メダルは、4位とわずか0.13秒差のすべりこみ。「水の神様がほほえんでくれたと思った」と羽根田選手。だが東京五輪では「水の神様」を頼りにはしない。2位とは2.42秒差、1位とは3.27秒差。4年後の大会までには、それらの差を「縮められる」と宣言した。

今回の銅メダルと、それまで武者修行のようなトレーニングをこなしてきた経験が自信の裏付けだ。

カヌーを始めたのは10歳の時。父親・邦彦さんがカヌーの選手で、その影響から、器械体操から転じて取り組むようになった。だが、やってはみたものの「つらい場面が多くなかなか好きになれなかった」という。「つらい場面」とはカヌー競技を行う激流に対する恐怖感。中学生の時に富山県内の「流れの激しいコース」で練習を続け、これを克服し、以来「のめり込むようになった」

中学、高校とも地元の豊田市内で進学。この間、ジュニア日本選手権、日本選手権で優勝し、高校卒業後はカヌーを究めるためスロバキアに渡りコメニウス大学に入学し、同国を拠点とした競技者生活を続けている。

羽根田選手が行っているスラローム競技では、五輪をはじめ世界選手権、ワールドカップなど主要国際大会が、流れを仕掛けによりつくる人工コースで行われる。ところが人工コースは日本にはなく、同競技で世界を舞台に戦うためには国外に拠点を求めることは、羽根田選手にとっては当然の進路といえた。

来季に向けて11月からは東京でトレーニングに集中。年明けにスロバキアに向かい練習を重ね、4月の日本選手権で連覇記録を伸ばすことから母国での五輪に向けスタートを切る。