[ドデスカ!‐名古屋テレビ]2016年10月6日放送の「竹田のイマネタ!」のコーナーでは、ポケモンGOで挑戦する地域活性化について紹介されていました。

日間賀島の看板(*Yaco*さん撮影、flickrより)

10月1日から始まった「あいちの山村・離島へGO!キャンペーン」では、日間賀島、佐久島、篠島の離島3島でポケモンを撮影し、写真投稿アプリ「インスタグラム」に投稿された中から抽選で30名に宿泊券や特産品などがプレゼントされます。

オフシーズンの起爆剤に

このキャンペーンには、ポケモンをゲットしながら島内の観光名所を訪れて欲しいという思いが込められているとのことです。

愛知県の離島を訪れる観光客は7月から9月にピークを迎え、10月から3月までの寒い時期は急激に観光客が減るという傾向にあります。そこでポケモンGOをオフシーズンの集客の起爆剤にしたいとのことでした。

愛知県では初となるポケモンGOを活用した地域振興イベントに、島民は若い世代の観光客が増加することを期待しているとのことです。(ライター:moca)