写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ビー・エム・ダブリューは13日、「7シリーズ」の新世代ハイブリッドモデル「740e iパフォーマンス」の注文受付を開始した。持続可能なモビリティを提供するBMWのサブ・ブランド「BMW i」に初搭載された電気駆動技術「eDrive(イー・ドライブ)」を採用している。納車は10月下旬からを予定している。

「740e iパフォーマンス」では、2.0リットルの直列4気筒ターボエンジンを搭載。8速オートマチックトランスミッションと一体化された電気モーターと組み合わせ、システムトータルの最高出力は326PSを発揮する。0-100km/h加速は5.4秒(ヨーロッパ仕様車値)。9.2kwhの大容量リチウムイオンバッテリーを搭載し、電気モーターのみでも42km(C08モード)の走行が可能となっている。

ドライバーの好みやドライビングスタイルに応じて走行モードを切り替える「eDriveボタン」も装備した。走行モードには、電気モーターとガソリンエンジンを最適なバランスで制御する「AUTO eDrive」、140km/hまで電気モーターのみでゼロ・エミッション走行が可能な「MAX eDrive」、バッテリーの充電量を減らさないようにガソリンエンジンによる発電を行う「Battery Control」がある。

充電の利便性を向上させるため、提携する国内最大の充電器ネットワーク「NCSネットワーク」の普通充電器が初年度無料で利用できる権利も付帯して販売する。専用のスマートフォンアプリで、提携充電ステーションのリアルタイムな空満情報などを知ることも可能だ。

価格は「740e iパフォーマンス」1,169万円、「740e iパフォーマンス M Sport」1,240万円(ともに税込)。

(山津正明)