こんなに違う!? 独身・既婚・子育て中で変わる「女性の自分磨き」の中身

写真拡大

みなさんは習い事や資格取得に向けてのお勉強など、“自己投資”をしていますか?

ネオマーケティングによる20〜69歳の女性を対象とした調査によると、なんと全体で7割以上もの女性たちが自分磨きのためにお金を使っていることがわかりました。

しかし、“自己投資”といってもその種類はさまざまですよね。

フラワーアレンジメントなどのような習い事から、美容のためのジム通いやスキルアップを目指す英会話レッスンまで多種多様。

様々なことに興味関心のある現代女性たちは、年齢問わずスキルアップを目指す女性が多いようです。

しかし、じつはそれぞれの女性たちが置かれたライフステージによって、“自分磨き”の内容は全く異なってくるのです。

そこで今回は、それぞれの女性のステージごとに変わる自己投資の中身についてご紹介したいと思います。

■子育て女性たちは、現実的で実用的な「自分磨き」を行う傾向に……

有職、無職関係なく子育て女性は「資格取得やスキルアップのための独学勉強」を行う傾向が、独身女性など他のステージの女性たちに比べ、ずば抜けて多いことがわかりました。

とくにワーキングママたちは、「資格取得のためのセミナーや講座への参加」が他の女性たちに比べ割合が高く、より現実的な「自分磨き」を実践する傾向が高いようですね。

独身女性や子無し既婚女性、子離れ女性たちは、時間的に余裕があることで、「旅行」にでかけたり、とくに子育てが一段落した女性たちは「趣味を極めるための習い事」を始める方が多いよう……。

■「旅行」や「美容、健康」は平均的に人気の投資

独身、既婚、子無しなどのそれぞれの違いによって、投資する内容は多少違いますが、「旅行」や「美容、健康」に関係する内容については、その女性も3割以上を超えている結果に……。

家事や仕事など普段の生活から離れ、遠くに出掛けたり、体を動かすことが女性たちのリフレッシュにつながっているのかもしれませんね。

勉強や習い事とは違い即効性があるため、ストレスを抱えることなく行えるのが人気の理由なのでしょう。

■子育て女性は、今が正念場!?

ちなみに「ご褒美消費」についてたずねたところ、全体の7割の女性が何らかの形で自分自身にご褒美をしているよう。

しかもその金額について、独身女性と仕事をしている子離れ女性については3年前より増えているという回答に……。

またこの2種類の女性たちは「衝動買い」についての別の質問においても、半数以上が値段が高くても、気に入れば衝動的に購入してしまう傾向にあることがわかりました。

時間的にも金銭的にも余裕がなくなる子育て中の女性たちは、自己投資にかける金額は増えたところで、「ご褒美」というレベルになるとそこまで余裕が持てないというのが、現実なのかもしれません。

■子供が離れてからの第2の人生が「自己投資」のチャンス!

結婚して子どもを持つと、時間や自由を奪われるというのは確かにそうなのですが、人生がずっとそのような状態でないことがわかりますね。

自分のしたいことができなくなるから、結婚なんてしたくないという方は男女問わずいらっしゃるかもしれませんが、長い目で見れば、そういうことでもなさそう……。

子育て女性たちにとって、今は正直辛い時期かもしれませんが、まだまだこの先の人生は続いていて、何かを始めるチャンスは残されているもの。

そんな希望を持って、日々を乗り越えていきたいものですね!

以上、女性のライフステージごとに変わる自己投資の中身についてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

全体的にも「自分磨き」にお金をかける女性が増えており、スキルアップを目指すことがもはや当たり前のようになっています。

その時々でやりたいこと、やらなければならないことが出てくるので、それぞれのライフステージを楽しみながら、有意義な「自己投資」を実践することができたらいいですね。