有村架純

写真拡大

映画『何者』の初日舞台挨拶が10月15日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われ、主演をつとめる佐藤健をはじめ、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之、三浦大輔監督が登壇した。佐藤は「誰が一番モテそうか?」という質問に対して「有村さんでしょ。なぜかなんて愚問。そのまま現実的にモテるでしょ」と発言。さらに「僕はまったくモテないから」と続けると、会場からは「エーッ!」というツッコミを受けていた。

この記事(『何者』初日舞台挨拶)のその他の写真

劇中、就職活動の中から垣間見える本音と建前がシビアに描かれている内容にちなみ、登壇者それぞれが「一番○○なのは誰だ?」というお題のトークを展開。最初は「一番最初に内定がもらえそうなのは?」「一番ルームシェアしたいのは?」といったライトな質問だったが、途中から「一番裏切りそうな人は誰?」などという厳しい質問も。岡田が「健さんは頭もいいし、話もうまい。僕が馬鹿だからかもしれないけれど、きっと騙されちゃう」と回答すると場内は大爆笑。

そんな岡田だったが、「誰が一番モテそうか?」というお題にも佐藤の名前を挙げ「一緒にいて僕のレベルまで下げてくれて遊んでくれる。現場で惚れました」と説明。惚れて騙されるという、完全に振り回される関係に、菅田は「この2人だとそういう関係になっちゃうよね」と納得した表情だった。

また「誰が一番失恋したら引きずりそう?」というお題には、佐藤、有村、菅田、山田がそろって岡田を指名。佐藤から「だって今でも(過去の失恋を)引きずってるでしょう?」とツッコまれタジタジになる場面も。さらに「共演者の中で、誰に一番なりたいか?」というお題には、三浦監督、二階堂、菅田が岡田を指名。その理由が「見た目」だと聞いた岡田は、なんともいえない表情を浮かべていた。

本作は、直木賞作家・朝井リョウの原作を、『ボーイズ・オン・ザ・ラン』や『愛の渦』の三浦大輔監督が映画化。就職活動を通して自分たちが「何者」であるかを、恋愛、友情、将来の夢、裏切りなどさまざまな人間関係の中から模索していく姿を描いた作品。三浦監督は「小説で描こうとした気持ちをいかに汲めるか。企画から3年、素晴らしいスタッフとキャストで作り上げることができました。ヒットを狙っています」と力強く語った。(text&photo:磯部正和)