「メタファー」×RE:LIGHT、光によってデザインが変化するリフレクターTシャツ開発

写真拡大

 深津研人が手掛ける「メタファー(Metaphor...)」と八欧産業のリフレクタークリエーティブプロジェクト「リライト(RE:LIGHT)」が、光によってデザインが変化するリフレクターTシャツを発表する。「リライト」の高輝度反射材の高精細プリント技術と透明の反射材を活用したTシャツで、明治神宮外苑で開催される「TOKYO DESIGN WEEK 2016」で展示される。 昼と夜でデザインが変わるリフレクターTシャツ開発の画像を拡大

 「メタファー」は、セレクトショップCANDYでのエキシビション開催やレディー・ガガ(Lady Gaga)に衣装提供した経験を持つエスモード出身の深津研人が2015年に立ち上げたブランド。物事の視点を変える手法を用いて製作したアイテムが特徴で、今回反射材加工メーカー八欧産業の「リライト」と組みブランド初となるプリントTシャツを制作。10月26日から開催される「TOKYO DESIGN WEEK 2016」に展示され、ブースでは限定価格での販売、販売受注も予定している。■TOKYO DESIGN WEEK 2016 【クリエイティブライフ展】出展期間:2016年10月26日(水)〜10月31日(月)開場時間:11:00〜21:00 ※最終日は20:00まで会場:明治神宮外苑 絵画館前〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町2-3入場チケット: 2,500円(一般当日券)