七五三のおすすめママファッションを専門家が解説!

写真拡大

まもなくやってくる七五三のお参りシーズン。わが子の晴れ舞台に気合いの入るママたちは、ついつい自分の支度を後回しにしてしまっているのでは?
「教えて!goo」の「七五三の子供の母親の着物について」という質問には「基本的に小紋はなし。これはカジュアルなものです。(中略)…年賀には色無地で紋付が普通です。行事にもその方が良いです」(E-1077さん)、「地域などで装いの格に差があるようです。名古屋とかだと色留袖くらい着るみたいですね。関東だと七五三は内々の祝いなのであまり格上の着物は着ないのが普通です」(usubinogardenさん)、「訪問着が地味と言いますが、付き添いの母なら地味な方が好感度大です」(rurinohanaさん)などの回答が寄せられたが、基本的に和装は敷居の高いイメージ……。

「子どもの世話もあるし、気慣れた洋装で」と考えている人のために、おすすめのファッションを専門家に聞いてみた。

■入・卒園式にも着回せる“きちんとコーデ”が正解!

子どもを引き立てつつ、自分自身も華やかに見せるには、どのようなことに気を付けたらよいのだろうか。スタイリストの黒田茜さんによると、

「子どもを引き立てるには、子どもの服装の色を邪魔しない色が基本です。紺、グレー、ベージュなど基本色にするか、子どもの服装の色とグラデーションになるような色を選ぶと、並んだ時に綺麗です。髪型についても、華美になりすぎないように清楚にするのが一番です。記念写真を撮られると思いますので、いつの時代にみても変わらず『綺麗なママ』で写るためには盛りすぎないようにしましょう」(黒田さん)

とのこと。基本色のスーツかワンピースなら、入園式や卒園式などにも活躍するので便利。紺やグレーなど落ち着いた色味の場合は、華美になりすぎないように、パールのネックレスやイアリングをつけると華やかになる。あくまで子どもが主役なので、グラデーションのコーディネートをする場合は、子どもの着物や服よりも薄い色を選ぶようにしよう。

「また、パパはダークスーツが基本になりますのでパパのネクタイとママの装いの色を
合わせるのも素敵です」(黒田さん)

案外見落としがちなのが、家族全員並んだときのバランス。記念写真を後で見返したときにチグハグな印象にならないように、パパとママのコーディネートを揃えることが大切だ。

■七五三のママファッションにマナーはあるの?

お祝いごとであることや、神社に参拝することを考えると、ママの服装は「フォーマル」であることを念頭に置くと失敗がなさそうだ。

「子どもの成長を祝う日なので、子どもが主役です。子どもよりママが目立つ服装はNG。子どもが走りまわるからパンツスタイルでといった方もいらっしゃいますが、スカートの方がフォーマル度が高いので、スカートやワンピーススタイルがベストです」(黒田さん)

スカートでもワンピースでも、ジャケットは必須。また、奇抜なアクセサリーや踵の無いミュール、パンプスなどカジュアルなアイテムは避けたほうがよいだろう。子どもの成長を祝う行事である七五三。せっかくの素敵な思い出が残念コーディネートで台無しにならないように、ママも準備を始めてみてはいかがだろうか?

●専門家プロフィール:黒田 茜
ファッションデザイナー出身のパーソナルスタイリスト。「どんな服が似合うか分からない」「お洒落をしたいけど、何から始めたらいいか分からない」などの悩みを解決。ショッピング同行やパーソナルカラー診断など、特に働く女性に好評のサービスが充実。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)