“68”をマークし単独4位に浮上した片山晋呉(撮影:米山聡明)

写真拡大

<日本オープン 3日目◇15日◇狭山ゴルフ・クラブ(7,208ヤード・パー70)>
 国内男子メジャー「日本オープン」の3日目。5位タイから出たこの大会の05&08年覇者、片山晋呉が1イーグル・3バーディ・3ボギーの“68”でラウンド。スコアを2つ伸ばし首位の松山英樹と2打差の単独4位で最終日に挑む。
【関連】石川、松山、スコット組の激闘の2日間を振り返る!
 
 最大の見せ場は11番。残り126ヤード、46度のウェッジで放ったショットはカップに吸い込まれイーグルに。「すごく良かった。今週で1番良かった」というショットでスーパープレーを披露した。
 4位という位置には「最高。これ以上望んだ日本オープンはないでしょう。過去に勝っている時はプラン通りにやってた。今週は狙っていて、先週からちゃんとやれている」とかなりの手ごたえを感じている様子。それに「ボードに40代は自分だけ。40代がやっているのを見せられるのが嬉しい」、“中年の星”として同世代を勇気づけられることにもモチベーションを感じている。
 「いい感じでやれている。最高、楽しみだね」。“勝ち方”を知っているベテランは逆転で3つ目の日本オープンタイトルを虎視眈々と狙っている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【ダンロップ展示会レポ1】長尺化も振りやすさを維持!進化した『XXIO PRIME』