映画『ジャスティス リーグ』バットマンやワンダーウーマン、スーパーマンが新たな悪に立ち向かう

写真拡大

映画『ジャスティス リーグ(Justice League)』(邦題未定)が、2017年11月以降、全世界で公開される。

バットマンワンダーウーマン、アクアマンなどによって構成される、正義の組織「ジャスティス リーグ」が、新たなる悪と立ち向かっていく本作。ブルース・ウェインが、台頭しつつある強大な敵に対抗するために、仲間たちを集めていくところから物語はスタートする。

早急な召集にもかかわらず、捲き起こる脅威は甚大なもの。前例のないチーム「ジャスティス リーグ」が結成されている時には、もはや地球を救うには遅すぎるかのようにも思われるのだが……。

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』から引き続き、バットマン(ブルース・ウェイン)をベン・アフレック、スーパーマン(クラーク・ケント)をヘンリー・カヴィル、レックス・ルーサーをジェシー・アイゼンバーグ、ワンダーウーマンをガル・ガドットが演じる。そのほか、新キャラとして登場するのは、アクアマンやザ・フラッシュなど。その名の通り水中で活躍するアクアマンとしてジェイソン・モモア、稲妻の如くハイスピードで移動ができるザ・フラッシュとしてエズラ・ミラーの出演が決定している。

噂では、ジョーカー役としてジャレッド・レトが登場するという情報も流れている。

【情報】
映画『Justice League』(邦題未定)
公開日(アメリカ):2017年11月17日
© 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.


[写真付きで読む]映画『ジャスティス リーグ』バットマンやワンダーウーマン、スーパーマンが新たな悪に立ち向かう

外部サイト

  • 「星空の映画祭 2016」長野で開催 - 星空の下で名作映画を
  • 映画『バケモノの子』細田守監督作品 - 日本アカデミー賞の最優秀アニメーション作品賞
  • ドキュメンタリー映画『デヴィッド・ボウイ・イズ』の追悼上映が全国でも - 大阪・新宿は延長決定