提供:リアルライブ

写真拡大

 UFOの正体は昔から諸説ある。ひとつは地球よりはるかに優れた技術や文明を持つ異星人が開発し、搭乗して地球に調査に訪れているというもの。もうひとつは自国ないしは他国の軍が秘密裏に開発した新兵器であるという説だ。実際、過去のUFO目撃事例とされている第二次世界大戦時の「フー・ファイター」や、最初の「空飛ぶ円盤」目撃事件である「ケネス・アーノルド事件」でも、はじめは目撃された飛行物体が他国の秘密兵器ではないかと考えられていた。それが、現代の技術ではありえない飛び方をしていることなどから、次第に地球の技術ではなくもっと進んだ異文化の技術によるものではないかと見られるようになった。

 ちなみに、そんなUFOを開発しているのではないかと一番疑われたのが、ソ連とアメリカそれぞれの軍であった。そこでアメリカ空軍は、民間からのUFO目撃報告と米軍へ向けられる疑惑の目を払拭するために、何度か公式なUFO調査と研究を行った。そのひとつが「コンドン委員会」である。そして膨大な検証の結果「コンドン・レポート」という報告書が上げられる。そこには「過去のUFO研究から科学的知識は全く得られず、これからもUFOの研究からは科学の進歩に貢献できる情報などは出てこないだろう」とする結論がなされていた。

 こちらの写真は1966年7月にアメリカのユタ州で撮影されたものだ。ロッキー山脈上空を飛行中だったのを輸送機のパイロットが発見して撮影に成功したのだが、コンドン委員会の調査で画像にぶれなどが認められないことから、ガラスなどに模型ないしは絵を貼り、写真を撮影して空を飛ぶUFOに見せかけたものという結論が出ている。

 しかし、コンドン委員会には批判も多かった。ほとんどのUFO目撃証言に対して批判から入っているため、検討が不十分なものもあるとか、逆にかえって米軍はUFOに関する何かを隠そうとしているのではないかとされたのだ。

 UFO関連の話題にはフェイクや誇張はつきものである。だが、だからといってすべてを否定し嘘であると決め付けてかかるのも、また宜しくない事といえるだろう。

文:和田大輔 取材:山口敏太郎事務所