実録!探偵が見た不倫の修羅場、街中の乱闘、下半身裸の逃走劇etc

写真拡大

不倫が発覚し、家庭内では収まらず、不倫相手がいる職場、はたまた隣近所まで巻き込んで大騒動に発展することがある。いわゆる、修羅場というものだ。「教えて!goo」にも「不倫の修羅場。どうすればよいのでしょう」と、妻に不倫された男性からの悩みの投稿があった。当事者だけではおさまらない不倫の果ての修羅場……。ドラマなどではよく目にするが、実際はどうなのだろう。そこで、数多くの浮気調査の経験をもつ、リッツ横浜探偵社の山村佳子さんに、今まで遭遇した事例を教えてもらった。

■警察までもが出動するバイオレンスな修羅場

まずは、アクション映画顔負けの修羅場からだ。

「夫が浮気で行くお気に入りのホテルが、なぜか依頼者である妻の職場の近くでした。偶然か狙っていたかはわかりませんが、夫と浮気相手と妻がホテル前で鉢合わせしてしまいました。当然のことながら、言い争いが始まりました」(山村さん)

浮気場所をなぜ妻の職場の近くにしたのかは不明だが、どこだろうと顔を合わせてしまっては、口論が始まるのも必然だろう。

「妻の挑発に乗った夫が右フックを繰り出すと、なんと妻も負けずに応戦。ホテル街でストリートファイトの勃発です。依頼者とその夫はどちらも格闘技経験者で、双方かなり強くなかなか勝負がつきませんでした。浮気相手は青ざめて逃げ、警察も出動する騒ぎになりました」(山村さん)

まさか夫婦間で一歩も譲らぬ格闘になるとは、逃げた浮気相手も怖かったことだろう。しかし、警察まで出てくるとは、なんともお騒がせな夫婦である。

■浮気調査中に遭遇した、逃走劇その1

さらに聞くと、ちょっと間抜けな逃走劇を目撃したというので、詳しく教えてもらった。

「妻の浮気現場を確認しようと張り込んでいた時の話です。いつもはラブホテルを使っていたのですが、その日は家からなかなか出てきませんでした。すると、昼を過ぎたころ、依頼者宅に浮気相手の男性が入っていきました。運よくというか悪くというか、そこに夜勤明けの夫が帰宅……。その後、トランクス一丁で裸足の男が家から飛び出し、真っ赤な顔をした夫が追いかけるという、コメディ映画のような一幕が繰り広げられました」(山村さん)

男性がどこまでパンツ一丁で逃げたのか気になるところだが、想像すると漫画さながらの間抜けな姿である。妻が夫を食い止めている間に浮気相手は逃げ切り、妻も「家に上げたのは今日だけ、もうしないから許して」と懇願し、その日はおさまった。しかしこの話には後日談があって、なんと再びラブホテルで浮気を繰り返す日々に戻ってしまったそうだ。

■さらに恥ずかしい、逃走劇その2

のどかとも思える田舎の朝にも、恥ずかしい修羅場があったとか。

「ある調査対象の不倫カップルが浮気場所に利用していたのは、田舎の農機具小屋でした。周囲に人も少なく、管理も大雑把で入り込みやすいと考えたのでしょう。しかし、リードなしで散歩していた大型犬に気づかれ、激しく吠えたてられました。ついには小屋の持ち主でもある飼い主にも見つかり、不倫カップルは下半身裸のまま小屋を飛び出し、犬に追われて明け方の農道を走り回ることになったのです」(山村さん)

小屋への不法侵入で通報されることはなかったそうだ。だがこれがもし街中であれば、下半身裸のままで逃走する人がいると通報され、さらに大騒ぎになっていたことだろう。

このように、不倫は当事者夫婦や家族、周囲の関係者だけではなく、見ず知らずの人までも巻き込んだ騒動に発展することもある。今回は笑い話になるような事例ばかりだったが、深刻な事態を生み出すことも。浮気や不倫に心当たりがある人はそのリスクをよ〜く噛み締めてほしいものだ。

● 専門家プロフィール:山村 佳子
夫婦カウンセラー、探偵。2013年、リッツ横浜探偵社 設立。夫婦問題・恋愛トラブルの解決実績は3,000件に及ぶ。小学館「Suits-woman.jp」で「みんなの浮気事件簿」を連載中。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)