【ハロウィンムードMAX!】カボチャの顔の手まり寿司

写真拡大

ハロウィンといえば、可愛い見た目のカボチャのデザートなどがたくさん出回る楽しい季節。ホームパーティーを開くという人も多いことだろうが、ハロウィンパーティーにはどんな料理が好まれるものなのだろうと「教えて!goo」で検索してみると、「ハロウィン料理」という質問を発見! 「かぼちゃのパウンドケーキ、かぼちゃのプリン、かぼちゃのタルト」(ranranru01さん)や「かぼちゃスープ」(tonton7373さん)といった意見のなか、Nissonさんの「かぼちゃのお寿司は簡単ですよ。すし飯をシャケで包んで海苔で顔を描いてラップで丸く包めばできあがりです」という、カボチャ料理ではない回答が目に留まった。果たしてどんな仕上がりのお寿司が作れるのか、実際に挑戦してみることに!

■オレンジ色のサーモンがカボチャ感を演出!

カボチャを一切使用しないハロウィン料理だが、サーモンを使ってハロウィンカラーのオレンジを演出。サーモン2切れでごはんを包み込み、ラップに包んで丸める。ヘタに見立ててキュウリを刺し、海苔で顔のパーツ(目・鼻・口)を作り貼りつける。まわりにごはんを敷き詰め、しらすとイクラを散りばめたら完成だ。

詳しい手順は動画でチェック!


ニコニコ動画で見る→bit.ly/2dUR3oH

■顔は同じでも、ひとつずつ違っても可愛い♪

海苔で作るカボチャの顔は、すべて同じに揃えても、あえてひとつずつ違う顔にしてみるのもどちらもアリ。手まり寿司自体を少し縦長に作ってみたりして、いろいろな形に仕上げてみても可愛いだろう。子どもと一緒にも楽しく手作りできる、オススメのハロウィンメニューだ。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)