優勝前年に広島を去ったかつての主力・栗原健太

写真拡大

 今シーズン、驚異的な強さでリーグ戦を勝ち抜き、悲願の優勝を成し得た広島。その歓喜の輪のなかに、かつて広島の主力としてチームを牽引したあの選手の姿はなかった。

 あの選手とは、栗原健太だ。

 昨シーズンオフ、栗原は出場機会を求め自由契約となることを選び、楽天に移籍。新天地での復活にかけた。

 しかし、広島を飛び出した栗原を待ち受けていたのは辛い現実だった。優勝の歓喜の裏で、かつての主力選手はいかなるシーズンを送ったのか? 栗原の今シーズンを振り返りたい。

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題!

■テスト入団で始まった2015年シーズン

 広島を自由契約となった栗原は、楽天の秋季キャンプにテスト生として参加し、入団を勝ち取った。

 テストを見守った星野仙一楽天球団副会長にこう言わしめた。

「想像以上だった」

 移籍を機に栗原が復活を遂げるのでは!? という期待を膨らませたファンは大勢いたのではないだろうか。

 背番号は0。テストからの入団ながら1ケタの番号を用意されたことは、栗原への期待の高さをうかがわせた。

 楽天にとって人気、実績を兼ね備えた「地元出身」の栗原の入団は、戦力的にも話題的にも喜ばしいことだったのは間違いないだろう。

■復活をかけたシーズンも、1軍出場ならず

 栗原は、春季キャンプを1軍でスタート。順調なスタートを切る。

 オープン戦でも11打数4安打1打点、打率.364と結果を出し、手薄な右の代打枠に入るでは? と期待された。しかし、開幕1軍の登録メンバーに栗原の名前はなかった。

 ふくらはぎの負傷が判明し、2軍へと降格したのだった。期待が高かっただけに落胆したファンは多かっただろう。

 その後、2軍で満塁ホームランを放つなど随所に存在感を見せ、1軍昇格の噂も度々流れた。しかし、栗原の名前が1軍で呼ばれることはなかった。

 結局、2軍での成績は打率.188、4本塁打、15打点。数字を見れば、1軍に上がれる状態でないことは明白。移籍しても、かつての打棒は復活しなかった……。

 シーズン終了を待たず、栗原は引退を発表。栗原の最後の挑戦はここに終了したのだった。

■リーグ優勝したかった……。心に残るひとつの悔い

 選手人生をかけて、勝負に挑んだ今シーズン。全力でぶつかった結果の引退。やり残したことはなかったはず。しかし、栗原の気持ちの中には悔いが残っていた。

 引退会見の席上、栗原はプロ野球生活を振り返り、正直な気持ちを漏らした。

「悔いはないが、ひとつあげるとしたら、リーグ優勝の経験がないこと。優勝した広島カープ。その中に自分がいられなかったのが残念」

 広島ファンには、栗原に対し強い思い入れを持つ者が非常に多い。


 というのも、エース・黒田博樹、4番・新井貴浩が同時にチームを去り、窮地に陥った2008年。その苦境で孤軍奮闘し、チームを牽引したのがほかならぬ栗原だったからだ。

 最後の最後までCS進出争いを演じたチームにあって全試合4番で出場。安打、打点、打率で自己最高の数字を記録した栗原には、恩義に似た感情すら持ち合わせているのだ。

 チームが一番苦しいときに、最も頑張ったのは栗原。それはファンの誰もがわかっていた。

 2008年以降も栗原は4番として活躍。低迷するチームの顔として苦しい時期に踏ん張った。それだけに優勝の輪に栗原がおらず、他球団でひっそりと引退してしまった事実が、消化しきれない思いとしてファンの中に強く残る。

 栗原自身が広島優勝の輪に入れなかったことを悔やむように、ファンもそこに栗原がいなかったことが寂しくてならないのだ。

 栗原は、来シーズンから楽天の2軍打撃コーチへの就任が決まった。現役では味わうことのできなかった優勝の味は、指導者として経験してほしいと切に願う。そして、いち広島ファンとしては、指導者として再び広島のユニフォームに袖を通してくれることを願って止まない。

 ケガに泣かされた悲運のスラッガー・栗原健太、第2の野球人生に幸あれ!

文=井上智博(いのうえ・ともひろ)

【関連記事】