空港の滑走路でウンコをした男性に罰金35万円

写真拡大

海外旅行っていいですよね。異国の風に吹かれれば、日常の憂さや疲れもどこかに飛んでいってしまう。ああ海外旅行、行きたいなあ……。と、ウットリする前に忘れてはならないのが空港・飛行機だ。

海外旅行でお世話になることの多い、空港・飛行機では色々な珍事が起こっている。「フォークとナイフでの流血惨事」や「荷物受け取りベルトコンベアで男性が流れてきたり」……そして乗客が滑走路でウンコしたりするのだ!

・滑走路でウンコをした男性

今回取り上げたいのは、滑走路でウンコをした男性乗客について。2016年9月30日、イタリアのブリンディジ空港でのことだ。

イギリス・マンチェスター発ライアンエアーに乗ってイタリアにやってきた68歳の男性が、飛行機とターミナルビルの途中でパンツを脱ぎ、その場でウンコをした。

・男性「精神的に動揺していた」

もちろん、飛行機の中にも空港にもトイレはある。しかし飛行機を降りたときに精神的に動揺していた男性は、そのまま脱糞してしまったそうだ。

なぜ男性が精神的に動揺していたかは不明なようだが、彼がウンコをする姿は、周囲にいた50名以上の他の乗客に目撃されていたと伝えられている。

その後「社会の良識に反する行為」を働いたとして、男性には約35万円の罰金が言い渡されることに。翌日、罰金は支払われたようだ。

・他にもあるよ! ウンコトラブル!!

“飛行機とウンコ” といえば、これまでにも「ウンコが臭すぎて飛行機がリターン」する事態や、「乗客が座席で子供にウンコさせていた」事態などがあった。

そのような機内でのウンコトラブルに比べれば、今回の事態はマシなほうなのかもしれない。

参照元:Mirror、Manchester Evening News(英語)
執筆:小千谷サチ
Photo:RocketNews24.

この記事をロケットニュース24で読む