北朝鮮の朝鮮中央通信は15日、韓国軍が軍事境界線西側の海上で「共和国側水域に対する海上侵犯行為をエスカレートさせている」とする記事を配信した。

同通信は、韓国軍による侵犯行為は14日の1日だけで5回に達し、「白翎島と延坪島をはじめとするほとんどすべての水域で同時多発的に強行されている」と指摘。

韓国側の目的は「何としても軍事的衝突の機会をもうけてわれわれの自衛的対応を誘発させ、これを口実にしてごく無謀な『北侵先制打撃』を実現する」ことにあると非難した。