このイラストってもしかして。長崎の湯せんぺい【甲斐みのり「おやつの時間」】

写真拡大 (全4枚)

長崎を旅したときや、物産展などで見つけると、必ず買うお菓子があります。それは、長崎県雲仙市に所在する小浜食糧の銘菓「クルス」。最近では、住まいの近所にある食材を扱うお店でも、時期によって置いてあることがあるので、普段の手土産や贈り物としても求めるようになりました。
クルスとはポルトガル語で十字架のこと。キリシタン文化が根付く長崎のお菓子らしく、ぱりっと薄く歯切れのいい湯せんぺいには、十字架が刻まれています。小麦粉、卵、砂糖に、温泉水を加えて焼き上げた、明治からの伝統ある湯せんべいの間には、生姜を加えたホワイトチョコレートが。柔軟な甘味とピリリとしたスパイスが相まって、他にはない独特の風味に。
このお菓子が誕生したのは昭和39年。もう50年も地元で愛され、長崎土産としてもすっかり定番。パッケージを飾るのは、童心の画家と言われた鈴木信太郎が長崎を訪れた際に描いたイラスト。ゆるっと和やかな線のシスターは、平和な日々の象徴です。
少し前に、生活雑貨や食材を扱う「Today's Special 」で、思いがけないお菓子を見つけて、迷わず購入。それは、初代クルスのパッケージを復刻した、缶入りのクルス。黄色地に赤いリボンがかかったような、パッと目を引くデザインです。クルス誕生50周年を記念して、ファッションセレクトショップの「URBAN RESEARCH」などとコラボレーションした限定品だそう。
クルスのwebをのぞいてみると、他にも「URBAN RESEARCH」とのコラボレーション商品として、鈴木信太郎の絵やサインをあしらった、ブックカバーや手ぬぐいがありました。クルス好き、鈴木信太郎好き、雑貨好き、長崎好きとしては、どうしたってときめく品。ぱりぱりっとクルスを味わいながら、買い物しようかどうしようか、迷い、思いを巡らせるのです。
[クルス,Today's Special ,ブックカバー,手ぬぐい]
「おやつの時間」連載記事一覧>>

甲斐さんのおやつアーカイブをInstagramでチェック!
@mylohas_official フォローしてくださいね。

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。