「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH2016」(東京ミッドタウン主催)が10月14日(金)〜11月6 日(日)の期間、東京ミッドタウンにて開催、デザインを切り口にさまざまな業種の企業が参画しているが、その中のメインイベントとして東京ミッドタウン・ガーデン芝生広場にて実施されている「CURTAIN WALL THEATRE(カーテンウォールシアター)」に、サンゲツとトーソーが製品提供を行っている。

 「CURTAIN WALL THEATRE」は、広大な芝生広場に設営した大きなカーテンを、最新テクノロジーを用いて手を使わず脳波だけで開閉するという、興味深いイベント。脳波を感知するセンサーを装着し、集中力を測定、その数値が50%以上になるとカーテンが開き、50%以下になると閉まるというインスターレーション。コントロールは難しいが、近未来の面白い体験ができる。
 この展示のカーテンをサンゲツが、カーテンレールをトーソーが提供している。