書店には受賞作品が並ぶコーナーも (撮影/写真部・岸本絢、撮影協力/有隣堂横浜駅西口店)

写真拡大

 レシピ本が売れている。キーワードは「作り置き」「保存」、そして「おしゃれ」。さらにレシピ本は「地球を救うかもしれない」らしい。どういうこと?

 9月15日、東京都内で「第3回料理レシピ本大賞 in Japan」が発表された。今年は143点がエントリーし、大賞、準大賞、入賞、お菓子部門大賞など全15作品が受賞した。

 ラインアップを見ると目を引くのが、「作り置き」「保存」などの言葉がタイトルに多いこと。3分の1、5作についている。最近のレシピ本のベストセラーで欠かせないキーワードらしい。大賞受賞の『つくおき』は、累計で50万部に届く勢いだ。

●“おしゃれ”な節約レシピ

 同賞は協賛書店の書店員60人が1次審査に参加するため、売り場の実感が反映される。有隣堂店売事業部イベント推進課の加藤秀樹さんは話す。

「賞が創設されて3年目ですが、さらに年々、『作り置き』とか『常備菜』といったコンセプトのものが増えています」

 加藤さんによれば、最大の背景は「節約志向」だという。

「ただ、かつてのように『節約』を直接的に表現したタイトルはウケません。写真がたくさん載っていて、それもオシャレじゃないと響かない。忙しい毎日でも『ちゃんとしたもの』を『手作りして』食べる。丁寧に暮らしている、という感覚が大切」

「経済的であることは大前提。オシャレ心も満たしたい」。眺めるだけでセンスが磨かれそうな節約レシピ本は、そんなニーズに応えてくれるのだ。

 受賞作の中で変わり種として目立ったのは準大賞に選ばれた『もっとおいしく、ながーく安心 食品の保存テク』。本書に料理レシピは登場しないが、野菜、肉、魚など代表的な食材175種の、上手な保存方法や、干す、漬けるなどの加工方法が紹介されている。食材ごとに、辞書のように検索できるので、キッチンで便利に使えそう。

●食品ロス改善にも役立つ

「せっかくの食材を100%活用してほしくて、この本を監修したんです」と話すのは、監修者で元東京農業大学教授の徳江千代子さんだ。

 食材を買って冷蔵庫へ入れたはいいが、使いきれずに生ゴミに──。罪悪感を抱いた経験がある人も多いだろう。

「正しく保存すれば、大根やキャベツなど大きな野菜もおいしいまま、日持ちします。食べきれないときは、刻んで干せばかさも減り、栄養価もアップします。ぬか床をひとつ持っていれば、サプリなど買わなくても、ビタミンB群やミネラルが健康的に摂れますよ」と徳江さん。

 近年注目される「食品ロス」。日本では年間642万トンの食品が食べられるのに廃棄されている。そのうち、家庭から捨てられるのは1人当たり、年間24.6キロ。ご飯換算で、茶碗164杯分だ(いずれも農林水産省および環境省の2012年度推計)。徳江さんは「食材を使い切れば、経済的だしゴミも減る。食品ロスという大きな問題の改善にもつながるんです」と話す。

「作り置き」や「常備菜」、そして「保存加工」。“おしゃれ”をまとって回帰した日本伝統の食文化が、食品ロス改善の救世主になり得るかもしれない。(ライター・浅野裕見子)

AERA 2016年10月17日増大号