アナログテープで音源配信することが一部でブームになっているようですが、こちらも大きな話題になりそう…。なんとアナログなスピーカーもBluetooth対応にしてしまう、夢のデバイスなんです。 

古いステレオを
蘇らせる

イギリス生まれのキューブ型ガジェット「THE VAMP」を繋げることで、アナログスピーカーが見事にBluetoothスピーカーになって復活します。音楽はスマホやタブレットで再生して、Bluetoothでスピーカーに飛ばして聞くことが多くなりましたが、これさえあれば、古くなってしまったお気に入りのスピーカーたちをまた気軽に鳴らすことができますね。

出力は、4W。ミニコンポがだいたい10W程度からラインナップしていたことを考えると、そこそこの音量で楽しめそうです。メーカーが掲げる合い言葉は「Save a Speaker」。そうです、名機はまだまだ楽しめるんです。

「THE VAMP」の大きさはL80×W70×H70(mm)。10センチ四方に満たないので、それほど荷物にもなりません。スマホと「THE VAMP」さえ持ち歩いていれば、出先のスピーカーに接続することもできます。

探せば、意外とスピーカーは至る所にあるもの。実家で眠っているコンポや、職場、いろんなところにあるスピーカーを、文字通りジャックして、手軽に音楽を楽しむことができますね。

手作りスピーカーと
合わせて楽しんでみる

「THE VAMP」があれば、それまで持ち出せなかったお気に入りのスピーカーを外で鳴らすこともできます。バーベキューや、キャンプでのBGMにもいいでしょう。空き箱や発泡スチロールを使った「手作りスピーカー」を手軽に楽しむにも、もってこいですね。スピーカー・ハッカソンを開催してもおもしろそうです。

現在「THE VAMP」は、Kicksterterにてクラウドファンディング中。通常59ポンド(約7,500円)のところ、39ポンド+12ポンド(日本へのシッピング料)の51ポンド(約6,500円)がプランされています。

実家に眠っていた、古いステレオを蘇らせてみませんか?

Licensed material used with permission by PAUL COCKSEDGE STUDIO LTD