写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本郵便株とJALは10月20日より、東京国際空港ターミナル(以下、TIAT)の協力により共同で制作したオリジナル フレーム切手セット「TIAT JAPAN AIRLINES」を販売する。

オリジナルフレーム切手セットは、TIATが運営する羽田空港国際線旅客ターミナルとJALの旅客機を題材にしたもの。昭和29(1954)年に羽田空港からサンフランシスコに向けて飛び立った初の国際線旅客機ダグラスDC-6B「City of Tokyo」号から、今後導入予定の最新鋭の旅客機まで、JALの歴代旅客機が切手にデザインされている。

1セットにシート(52円切手×5 枚、82円切手×5枚)とB5解説書×1枚、通常ポストカード×1枚、特大ポストカード×1枚が入っており、8,600シート限定で価格は税込1,500円となる。東京都内の全郵便局(計1,474局で、銀座郵便局、新東京郵便局、東京国際郵便局、晴海郵便局、東京多摩郵便局および簡易郵便局を除く)で販売し、11月4日〜6日9:00〜17:00には羽田空港国際線旅客ターミナル4階Edo食賓館入り口の郵便局臨時出張所でも販売する。

また、11月1日0:15から日本郵便ウェブサイト「郵便局のネットショップ」でも取り扱う(販売価格のほかに郵送料等が加算)。申し込みにあたっては、郵便局のネットショップの会員登録が必要となる。