カモ専用の入金督促特設会場――連続投資小説「おかねのかみさま」

写真拡大

みなさまこんにゃちは大川です。

『おかねのかみさま』53回めです。

きょうも六本木SLOW PLAYで書いてます。

※⇒前回「こんなとこ」

〈登場人物紹介〉
健太(健) 平凡な大学生。神様に師事しながら世界の仕組みを学んでいる
神様(神) お金の世界の法則と矛盾に精通。B級グルメへの造詣も深い
死神(死) 浮き沈みの激しくなった人間のそばに現れる。謙虚かつ無邪気
美琴(美) 普通の幸せに憧れるAラン女子大生。死神の出現に不安を募らせる
村田(村) 健太が師と崇めるノウサギ経済大学の先輩。元出版社勤務
ママ(マ) 蒲田のスナック「座礁」のママ。直球な物言いが信条
学長(学) 名前の由来は「学長になってもおかしくない歳のオッサン」の略

〈第53回 グェ〉
村「あのな健太、俺は去年すげぇ映像を見たんだよ」

健「はい」

村「多摩川の向こうに川崎って場所があるのを知ってるか?」

健「はい。しってます」

村「川崎でな、去年火事があったんだ。簡易宿泊所ってとこで、まぁ安い旅館みたいなとこなんだが、全焼して、10人が死んだ」

マ「ニュースでやってたわね」

村「うん。あのとき、火が回る様子がテレビで流れてたんだけど、テレビの音声に絶叫が入ってたんだよ」

マ「なんて?」

村「『こんなとこで死にたくねぇよーーーー!!!!』って」

健「……」

村「仕事からくたびれて帰ってきた俺は目が覚めちゃったね。その言葉を叫んだ男が助かったかどうかは知らねぇが、とにかくショックだった。逃げられない場所で、助けが来なくて、予定していた死に方とまったく違う最期が目の前に迫っている。『こんなとこ』で暮らしていることは辛うじて受け入れていたけれど、なにも報われないままに『こんなとこ』で背中を炎に焼かれてる。ひとりの人間が受け入れがたい現実に直面したときの叫びに、俺は心臓が締め付けられる思いがしたんだよ。健太、それに比べたらお前は単なるノーマルカモで、騙す連中から見たら死なない程度に追い込まれただけだ。生きろ。強くなれ。これくらいのことは自分で解決して…」

学「ワシが貸したげるよ」

村「おい」

健「ほんとですか!!!!!」

マ「よかったじゃなーい♡」

村「ジジイ、余計なことすんな」

学「76万円だっけ?貸したげるよ。そのかわり、なんか担保がほしいな」

健「ありません」

学「だよねー。ほんとそうだよねー」

健「すいません…」

学「じゃあ無担保で、月1万円の100回払い」

健「!!!!ひゃくまんえん?」

学「いやならいいよーん」

健「100回払いって…8年4ヶ月…えっと…僕35歳…うーんえっと…」

村「ジジイお前そんなカネあるのか?」

健「でも…月1万円なら…」

学「どうする?」

健「お、おねがいします!!!」

学「契約せいりつー。じゃあ、借用書かくねー」

健「は、はい!」

学「けんたくんは、これから、毎月、1万円ずつ、ワシに返します。担保は特にあり、ませ、んと」

マ「シンプルねー。こんなのでいいの?」

学「まぁ結局払えないって言われたらもらえないからな。それでもこういうことをキチッとしておくのも、健太くんの勉強じゃ」

村「…」

学「じゃあ健太くん、ここにサインして」

健「はい!」

学「よし。それじゃあ今月末から、君は毎月ワシに1万円を返すこと。いいね」

健「はい!ありがとうございます!」

村「ジジイ…あのな…こいつが馬鹿のまま過ごす時間が8年くらい延長されただけなんじゃねぇのか?」

学「まぁまぁ。えーと、ところで健太くん、さっきバイナリーオプションのソフトのせいで追証払わないといけないって言ってたね?」

健「はい…明後日までに…」

学「ふむ。ちょっとその画面みせてみ」

健「はい…こちらです」

学「ふんふん。ふん。ふーん。ほー。あー、やっぱりねーー」

健「な、なんですか?」

学「健太くん。これ払わなくていい」

健「え????」

学「あのね健太くん、バイナリオプションは初心者向けに非常に簡素化された投資行為で、馬鹿でもできる丁半博打みたいな投資なんじゃが、不足金の入金や追証を払い込むということは一切ないんじゃ。ほれ、ここよく見てみ」

健「ここですか…?バイナリ…おぷしょん?」

学「いや、もっとよく見てみ」

健「!!!!!パイナリ!!!バイナリじゃなくてパイナリって書いてある!!!」

学「そうじゃな。このサイトは、君みたいに追い込まれるとすぐに『グェ』って言うカモ向けに作られた、入金督促特設会場じゃ」

健「と…特設会場…」

学「そう。つまり、君みたいなカモを追い込んだらなんとかかき集めて払ってくれそうな金額を表示してるだけの画面じゃ。確認もせず、焦らされたら言われた通りにグェグェ言いながら払い込む連中のための画面じゃ」

村「はー…」

マ「学長すごい。なんかドラマみたい」

学「ぬふふふふふふ」

健「で、でも、僕これ払わなかったらなんか怖い人たちが家庭訪問に来たりしませんか?」

学「あるかもねー」

健「いやぁですよぉおおぉお…」

村「見に行く。なぁママ」

マ「楽しみね。缶チューハイ持って見に行くわ」

学「ま、だいじょぶじゃろ。ここまでわかりやすいワナ作ってるところは自分たちも目立ったら捕まるからな。なんか言ってきたら『金融庁に報告します』と伝えといたらいい」

健「は、はい…」

学「と、いうことで、健太くん、お金いらなくなったね」

健「ありがとうございます…ほんとになんとお礼をしたらいいやら…」

学「いやいやお礼なんて、そんな、いいんじゃよ。毎月1万円ずつの支払い、がんばってな」

健「え!!!!???」

次号へつづく

【大川弘一(おおかわ・こういち)】
1970年、埼玉県生まれ。経営コンサルタント、ポーカープレイヤー。株式会社まぐまぐ創業者。慶応義塾大学商学部を中退後、酒販コンサルチェーンKLCで学び95年に独立。97年に株式会社まぐまぐを設立後、メールマガジンの配信事業を行う。99年に設立した子会社は日本最短記録(364日)で上場したが、その後10年間あらゆる地雷を踏んづける。

Twitterアカウント
https://twitter.com/daiokawa

2011年創刊メルマガ《頻繁》
http://www.mag2.com/m/0001289496.html

「大井戸塾」
http://hilltop.academy/
井戸実氏とともに運営している起業塾

〈イラスト/松原ひろみ〉