北朝鮮外務省のスポークスマン(報道官)は14日、朝鮮中央通信社とのインタビューを通じて、米韓合同空軍訓練に初めて参加する英国に対して「(米韓の)戦争挑発策動に露骨に加担する敵対行為」と非難した。

報道官は、「英国がこのような戦争演習騒動に参加するのは平和と安全に対する重大な挑戦として、とうてい許されない」と強調。

また、「自主権相互尊重の原則に準じて国家関係を結んでいる英国がこの原則に違反して敵対勢力の反共和国策動に便乗していることを絶対に袖手傍観することができない」と、両国に国交関係があることを言及しながら、英国を非難した。

そのうえで「演習に参加するすべての軍事手段と装備がわが軍隊の照準鏡の中に入ることになる」としながら、英国も攻撃対象になりうると警告した。

米英韓3国の空軍による史上初の合同訓練「インヴィンシブル・シールド(Invincible Shield:無敵の盾)」は、11月4日から10日まで、韓国の京畿道(キョンギド)烏山(オサン)空軍基地で行われる。