デヴィ夫人

写真拡大

14日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)でデヴィ夫人が、死刑制度の存廃をめぐる発言で波紋を呼んだ作家の瀬戸内寂聴氏に対して、辛らつな言葉を放ち批判した。

番組では「今夜は寝れ9!!」のコーナーで「94歳 寂聴謝罪『私が死ねばいい』」と題し、産経ニュースの記事を取り上げた。記事では、死刑廃止を巡るシンポジウムで寂聴氏が「殺したがるバカどもと戦ってくださいは」と発言し、犯罪被害者支援の関係者から批判が出たことについて、寂聴氏が謝罪したと伝えている。

寂聴氏は「今も世界の趨勢に遅れ、死刑制度を続けている我が国の政府に対して、人権擁護の立場から発した意見」「誤解を招く発言を94歳の出家者の身で口にする大馬鹿者こそ、さっさと死ねばいい」と、朝日新聞に掲載された自らのエッセーの中で綴っているという。

この記事に、コメンテーターのデヴィ夫人は「(寂聴氏と)大変親しくしており尊敬している」と断ったうえで「最近、焼きが回ったんじゃないかなあって、思うんですと」と突如、辛らつなコメント言い放った。スタジオに大きな笑いが起きる中、水道橋博士は「デヴィさん以外(の人は)、言えないですよ」とツッコミを入れて、さらに笑いを誘った。

デヴィ夫人は「だって、日本みたいに人命が軽視されている国はほんっとにないと思います、先進国で」「なんで被害者の人権を尊重しないの?なんで加害者の人権を尊重するわけ?そこからして間違っている」と強い口調で、持論を展開した。

また、デヴィ夫人は「罪を犯した人に、罰を与えるのは当然! 」と、語気を強めて主張。さらに、日本には凶悪犯罪が横行しているとし「死刑を廃止をしたら、もっともっと犯罪が増えるんじゃないかと思いますね。人をひとり殺したら、死刑になる覚悟でいなさいって」と犯罪加害者に対する、屈強な姿勢をアピールした。

【関連記事】
フィフィ 「殺したがるばかども」発言を巡って日弁連に「非常に恐ろしい」
芸人・永野がドッキリ企画で仕掛け人のデヴィ夫人に反抗的な態度をみせる
宮根誠司氏が小保方晴子氏にエール「STAP細胞を発見してほしい」