映画『健さん』がモントリオール映画祭で最優秀作品賞を受賞した理由

写真拡大

2014年11月10日に逝去した高倉健を題材にした長編ドキュメンタリー映画『健さん』。同作品が第40回モントリオール世界映画祭のワールド・ドキュメンタリー部門において、最優秀作品賞を受賞した。世界でも指折りの権威ある映画祭での快挙にあたり、ニューヨークを拠点に活躍する写真家であり、同作の監督である日比遊一さんと『高倉健インタヴューズ』などの著書を持つノンフィクション作家・野地秩嘉さんによる対談が行われた。

■グランプリ受賞は本当にサプライズだった

【野地】モントリオール映画祭での受賞、おめでとうございました。受賞はいつ決まったんですか?

【日比】まったくもう、サプライズでしたね。というのも、僕はモントリオールで上映できただけで十分にハッピーでした。なぜなら、カナダのモントリオールというのは、高倉健さんが海外で初めて主演男優賞を獲った場所(※)ですからね。だから、会場では「誰がコンペでグランプリを獲るのかな」っていうぐらいのことしか考えてなかったんです。そしたら日本人で最初に呼ばれたのが僕の名前と『健さん』で(笑)。もうビックリしましたよ。

(※1999年『鉄道員(ぽっぽや)』で主演男優賞を受賞)

【野地】実際、モントリオールのドキュメンタリー部門はどのくらい出品されていたんですか?

【日比】23本ですね。今年は、日本からは3本出ていました。こちらから応募しないといけないのですが、応募したら何人かのジャッジがいて絞り込みます。その時点で23本。それで、最後はその中の1本が選ばれるわけですが、そこに僕の『健さん』が選ばれた。

【野地】大変なことじゃないですか。

【日比】世界の映画祭の中でも5本の指に入るくらいの映画祭ですからね。やっぱり嬉しいですよね。実は映画祭への出品が決まったときに審査員の1人が僕に直接電話をかけてくれまして、その方が「とにかく僕は気に入った。だからとにかく(モントリオールに)来てほしい」と言ってきたんです。グランプリを獲る確率も高いって。でも、そんなまさかね。僕も映画祭っていうのは、何ていうんですかね……ある俳優のドキュメンタリー作品がグランプリを獲る例ってあまりないですからね。だから、ものすごく嬉しかったと同時にサプライズだった。

【野地】現地で上映したときの反応はどうだったんですか?

【日比】あ、もうね、すごい拍手を受けましたね。上映が終わってから。実は、質問攻めにあって、2時間くらい会場から帰れませんでしたからね。みんな僕を待ってて。「高倉健さんの映画は、カナダだったらどこで借りられるんだ」って(笑)。申し訳ないが、三船敏郎さんとか渡辺謙さんは知ってるけども、この高倉健という俳優を知らなかった、と言うんですね。

【野地】たとえば『ブラック・レイン(※)』とかですね。そのあたりは、『健さん』の出演者を見たら、海外の人もわかるようになっていますよね。

(※リドリー・スコット監督の映画。1989年上映。マイケル・ダグラス、松田優作なども出演)

【日比】そうですね。だから、日本のファンの人にとっては、たとえば、なんで共演した女優さんたちが出てないんだとか、そういう意見もあるかとは思うんですけども、田中裕子さんや大竹しのぶさんといっても海外では知らない人が多いですから。だから、どちらかというと、「マーティン・スコセッシだとかマイケル・ダグラスが語ってるこの男は誰だ」という……。

「彼らがわざわざ君のそのセットに来て、あんなふうに熱っぽく死んだ人間のことをしゃべってくれるってことは、こちらじゃ考えられない。いくら払ったんだ?」とかね。

【野地】そうだったんですね。でも、本当、実際いくらくらい払ったのですか?

【日比】もう彼らからしてみたらゼロに近いですよ。みんな(※)均一で、本当お茶代というですよ。

(※ジョン・ウー、ポール・シュレイダー、ヤン・デ・ボン、ユ・オソンなども出演している)

■写真家だからこそ観客の頭に残る映画ができた

【野地】今回、インタビューとカメラを回しているのは日比さんじゃないんですか? 最後の編集、フィルムと写真、あれは日比さんですか?

【日比】インタビューは僕が全部書きましたし、99%は自分でやっています。編集も全部立ち会いました。

【野地】『健さん』を見て僕が一番いいと思ったのは、実は写真と動画を組み合わせているところ。権利の関係でフィルムが制限されていたのかと思いますけども……。

【日比】やっぱり、僕が写真家だったっていうことがすごく助かったと思うんですね。ほかの人だったら、(フィルムが使えないという)選択になったときに、自分事で恐縮なんですけども、やっぱり、うまくできなかったと思いますね。

【野地】動画だけの編集と写真だけの編集、両方の才能があること。実は、日比さんの一番の技術だと僕は思いました。それと、あのスパニッシュギターで写真がいっぱい出るところも、好きです。

【日比】ああ。実は、野地さんの書いている本からちょっと僕は学ばせていただいたんです。偶然、今、レスペ(映画「健さん」の配給会社)で上映している『パコ・デ・ルシア』(スペインの著名ギタリストを題材にした作品)という映画もありますけど……

【野地】高倉さんはパコ・デ・ルシアが好きだったんですね。

【日比】ええ、そうですよね。どこかで入れられないかっていうことで、全部聴きましたよ。もう、撮ってるときもね、ずっとヘッドホンで。最初から僕は、あそこでインスピレーションを受けて、それであのテンポのいい曲が一番僕の中で残ったものですから。僕が1964年生まれなんですね、ちょうど。だから、新幹線だとか、東京オリンピックだとかっていうものを入れつつ。だから(『健さん』の中で)映画評論家の川本三郎さんにも、ガイダンス的に質問でああいうことをおっしゃっていただいたのは、パコ・デ・ルシアのああいうのもちょっと頭の中にもうあったものですから、すでに。

■テレビと違う映画を作りたかった

【野地】三船さんとかカーク・ダグラスとかみんな出てきて。やっぱりNHKのようなテレビのものとはまったく違いますね。

【日比】いやあ、やっぱりね、映画を作りたかったんです、僕はね。テレビとの違いをこうなんだよって、映画ってこうなんだよっていうのを僕としては提示したかったですね。

【野地】それがあの写真なんですよね。

【日比】ああ、写真を動かして、なんか生きてる。1枚の写真を、多分映像だと、じっと高倉さんの顔を見て、頭の中に残るっていうことがないと思うんですね。でも、スチールだと「ああ、こういう表情をしてたんだ」っていうものが観客に残ると思うんですね。

【野地】やっぱり写真のほうが映像よりも画としては強烈ですよね。いや、僕は最初、本当、映像の名場面集でもいいと思った。でも、名場面集ではやっぱり賞は獲れなかった気がします。

【日比】そうです。映画としてはダメだと思いますね。ただのインタビュー集でもダメですね。カナダでは有名なある評論家がね、いいことを言ってくれました。「いろいろ視点があってよかった。その1つは、あなたが30年ニューヨークにいたから、もちろん高倉健の映画ではあるんだけども、あなたのジャーニーでもあるね」と。

【野地】『健さん』では、写真を何枚ぐらい使ってるんですか。選ぶの大変だったでしょうね。

【日比】えーとね、200枚ぐらいですね。やっぱり僕は、写真を常に見てるんで速いんです。今まで出した写真集とかも全部自分で編集してますし。そういうのがね、ほかの監督さんではちょっと難しいのかもしれませんが……。

■「高倉健は日本の旗なんだよ」と言い続けた

【野地】次の作品は考えているんですか? 僕はまた人物で撮ったほうがいいと思います。

【日比】でも、ドキュメンタリーじゃなくてドラマでやりたいですね、僕は。ドキュドラマというスタイルで。

【野地】でも、高倉健さん以外で映画になる人はいないですよね。

【日比】いないんですねえ。何ていうのかな、海外で言えば、「君たちのクリント・イーストウッドなんだよ」と。「高倉健は日本の旗なんだよ」という感じでね、僕は言いましたけどもね。

【野地】あのロバート・デ・ニーロが映画の中で使ったボクシングのグラブを健さんにあげた。

【日比】すごい話ですよね。その価値がわかる人が観ると、『健さん』のインタビューの内容ってすごいことなんですよね。ジョン・ウーのあの「自分が演出するときは常に高倉健さんのことを考えて演出してきた」というのは、それはね……やっぱりすごいことですよ。

【野地】健さんは実はマーティン・スコセッシと知り合いだったとか、そういう交流はあったけど、なかなか表には出てこない話じゃないですか。普通の人は知らない。そこが紹介できたことは、すごくよかったと思います。

【日比】そうですね。だから、日本の身内で済ませてしまえば、ゴマすりのように、「すごかった」「だから、すごい人なんだよ」って話だけで終わっちゃったと思うんですよね。

【野地】でも、そうしなかった。だから海外の人は、あの映画を観れば高倉健さんが日本を代表する俳優だってことがわかりますよね。それまでは「ゴジラ」くらいしか知らなかったでしょう?

【日比】あとは黒澤明や三船敏郎、今で言えば渡辺謙さんくらい。渡辺謙さんは渡辺謙さんですごい人です。でもやっぱり誤解してもらいたくない。やっぱり渡辺謙の前に、「健さん」っていえば高倉健なんだよっていうことを。それは海外の人たちに向けてというだけでなく、もちろん日本でも。特に日本の若い世代に教えてあげたいし、若い人に観てもらいたいって気持ちもあります。

【野地】本当に、そう思います。今日はどうもありがとうございました。

【日比】ありがとうございます。

(写真家、監督 日比遊一 × ノンフィクション作家 野地秩嘉)