チンアナゴの日にフェスイベント「チンソニZ」

写真拡大

すみだ水族館は11月11日の“チンアナゴの日”に、群れて楽しむライブイベントや学んで楽しむ体験プログラムなど、チンアナゴに関するさまざまなコンテンツを集めたフェスイベント「チンソニZ」を開催する。

“チンアナゴの日”は、すみだ水族館が2013年に申請し、日本記念日協会から認定された記念日。チンアナゴが巣穴から体を出している姿が数字の「1」に似ていて、 チンアナゴは群れで暮らす習性があることから、1年間で日付に最も「1」が多い「11月11日」を“チンアナゴの日”とした。

同水族館が“チンアナゴの日”にイベントを開催するのは、今年で4回目。今回の「チンソニZ」では、朝9時からチンアナゴの難問に答える「ゆらチン!検定」などを楽しめる。検定に合格した人には、チンアナゴのフィギュア「きょうもゆらゆらチンアナゴ」(「ゆらチン」)をプレゼント。

そして、17時からは、来場者とスタッフみんなでチンアナゴのお面をかぶり、チンアナゴのように群れて遊べるプログラムが館内各所でスタートする。

さらに「チンソニ御朱印帳」は、館内各所に設置された御朱印を集める企画で、今年初開催。イベントのフィナーレで抽選を行い、「チンソニ御朱印帳」に参加した人の中から5人に、うるし塗り風な彩色で5種それぞれ異なる絵柄が施された「ゆらチンjapan」をプレゼントする。

また、11月11日は「ポッキー&プリッツの日」でもあることから、江崎グリコとコラボ。「ポッキーミディ」をチンアナゴに見立てた「ゆらチンポッキーパフェ」も販売する。