【永久保存版】ガンダムを知らない人は必見! 初心者向けガンダムの秘密12選

写真拡大

日本を代表するロボットアニメといえばやはり機動戦士ガンダムシリーズでしょう。1979年に初代作品が放映され、以来現在も継続して作品が発表され続けていて、国内外問わず高い人気を博しています。

世代ではない人も多い?



とはいえ、やはりガンダムシリーズが最も盛り上がっていたのは1980年代。記者も正直なところ、リアルタイムでガンダムを知っていたわけではなく、「好きな人はすごく好きだよなぁ」という印象しかありません。

今からでもガンダムマニアになれる!





そこで今回はガンダムマニアには当たり前でも、ガンダムをほとんど知らない、初心者の方に最適なレベルの「ガンダムトリビア」を集めてみました。これらさえ覚えておけば、ガンダムマニアを相手にガンダムトークを展開することだってできちゃうかもしれません!

初心者向けガンダムの秘密12選



1. ガンダムはロボット

「機動戦士ガンダム」というシリーズ名なので、知らない方はガンダムが人間の主人公なのかと思ってしまいますよね。ところが、ガンダムはロボットであり、兵器の一種でしかありません。そのため、基本的には操縦士がガンダムの中に乗り込まないと、ガンダムを動かすことができないのです!

2. ガンダムの身長は18メートル!

ガンダムといえばプラモデルなどで目にしたことがある方が多いかと思いますが、実際の身長はなんと18メートルもあるのです! 高さ18メートルといえばだいたい6階建てのビルと同じサイズ。それだけのサイズのロボットを開発できるなんて、相当な科学力ですよね。それだけの技術があるのに操縦士がいないとガンダムを動かせないのは不思議なところですが……。

3. ガンダムは宇宙以外でも戦う

ガンダムは宇宙空間で戦っているイメージが強いですよね。でも実は宇宙以外でも戦えます。無重力空間だから身軽に動けるというわけではなく、なんと陸上でも水中でも自由に動けるのです! 特に陸上での移動時は時速130キロのスピードを出せるのだとか。高速道路で追い越し車線を突っ走る自動車並ですね! 凄いです!

4. ガンダムの操縦士の名前はアムロ

ガンダムの操縦士の名前はアムロ・レイといいます。作品名である「ガンダム」を乗りこなす彼こそが作品の主人公だと言っても過言ではないでしょう。ちなみに「アムロ」という名前は姓ではなく、名のほうになります。

漫画作品にありがちな「作者が安室奈美恵を好きだったから主人公の名前をアムロにした」的な裏設定はありません。そもそも、ガンダムシリーズが始まった時点で安室奈美恵さんは2歳ですから、安室奈美恵さんとの関係はありえないのです!

5. アムロは親父に殴られたことがない

ガンダムの操縦士・アムロは一度も親父から殴られたことがありません。作品中で上司にあたるブライトから2発殴られた際に「2度もぶった! おやじにもぶたれたことないのに!」と発言しているからです。

今でこそ子供を殴れば虐待扱いされてしまいますが、1970年代後半は体罰が当たり前のように行われていた時代。殴られたことはなくても毎日蹴られたり投げられたりしていたということは考えられず、アムロは過保護に育てられてきたのだと思われます。



6. 登場人物は若造ばかり

アムロをはじめとした地球連邦軍のメンバーは戦艦ホワイトベースに搭乗していますが、この乗組員たちは大半が10代後半の若造ばかりなのです。

例えば、ガンダムの操縦士であるアムロは若干15歳! 中学3年生〜高校1年生並の年齢です。また、現実社会で老害と揶揄されるような人たちはおらず、若者たちが自分たちの手で未来を切り拓くという感動的な設定だったのですね!

7. シャアは赤い色以外のマシンも乗る

アムロのライバルとして登場する人物・シャアもまたロボット兵器を乗りこなしますが、シャア専用のロボットは赤色をしているというイメージが強いですよね。しかし、実際には赤色以外のロボットにも搭乗しています。しかも嫌な顔ひとつ見せていません。赤色以外には乗らないとわがままを言っていたわけではないのですね。



8. ガンダムシリーズの主題歌には名曲が多い

ガンダムシリーズの主題歌には良い曲が多いことで知られています。王道のアニメソングである「翔べ!ガンダム」のような曲もありますが、シリーズの初期から有名ミュージシャンの楽曲をタイアップとして起用しているのです。

ガンダムシリーズの主題歌を担当したミュージシャンを並べてみると、TM NETWORK、やしきたかじん、森口博子、谷村新司、T.M.Revolution、ラルク・アン・シエル、CHEMISTRYなどなど……そうそうたるラインナップとなっていることがわかりますね!

9. 名ゼリフ「アムロ、行きま〜す!」は一度しか言ってない

ガンダムシリーズの名ゼリフのひとつに「アムロ、行きま〜す!」というものがあることは割と広く認知されていますが、実はこのセリフ、作中では一度しか使われていません。ガンダムマニアぶって話をするときに「○○、行きま〜す!」を連呼していると、一瞬でにわかファンだとバレてしまうので気を付けましょう。

ちなみに話は大きくそれますが、ドラゴンボールの「オッス! オラ悟空!」も、サザエさんの「サザエでございま〜す!」も、作中ではまったく使われていません。

10. 全シリーズにアムロが出ているわけではない

機動戦士ガンダムシリーズにはたくさんの作品がありますが、第1シリーズである「機動戦士ガンダム」に搭乗するアムロや、メインのモビルスーツとなるガンダム、ライバルのシャアなどは全シリーズに登場しているわけではありません。シリーズごとに主人公は変わり、ガンダムもバージョンアップを果たしているのです。

とはいえ、ガンダムはどんなにバージョンアップをしても人間になることはなく、あくまでロボット兵器であることに変わりはありません。もし「ガンダムの話をしているけど、いつのシリーズの話かわからない! でも会話に入りたい!」という状況になったら、「ガンダムってロボットなんだよね!」という切り口で話に入るようにしましょう。

そうすれば「こいつ素人だな」と思われることはないですし、むしろ「ガンダムが人間じゃないことは知ってるようだな」と思われます。どのシリーズのガンダムトークであっても間違いなく入ることができます!

11. ガンダムは作り話

ガンダムシリーズはすべてフィクションであり、作り話です。あまりにもリアルすぎて事実をもとにした作品だと思っている人もいるようですが、完全に作り話です。歴史の教科書に載っていないのはそのためです。

12. ガンダム史上最大の人口建造物はビーナスグロゥブ

ガンダムシリーズには複数の人口建造物が登場します。スペースコロニーやアクシズ、シラノ5がそのひとつです。ただし、その多くが隕石や小惑星を基盤にして改造したもの。

完全人工物というくくりで考えれば、史上最大サイズはビーナスグロゥブ(Gのレコンギスタ)になります。ザックトレーガー(ターンエーガンダム)も巨大ですが、ビーナスグロゥブには敵いません。

ガンダム話に花を咲かせよう!





以上、初心者向けのガンダムトリビアでした。もしも好きな女の子がガンダムオタクだったとしても、これらのトリビアを覚えておけば、ガンダム話に花を咲かせることができるはずですぞ! やったね!

■執筆・監修:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/