京都大学名誉教授、医学博士。世界で最も権威がある脳の学会「米国神経科学会」で行った研究発表は、日本人最多の100点以上にのぼり、現代日本において「脳、特に前頭前野の構造・機能」研究の権威。2011年、瑞宝中綬章受章。1932年、大阪生まれ。著書に、『1歳からみるみる頭がよくなる51の方法』『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』『あなたの脳が9割変わる! 超「朝活」法』(以上、ダイヤモンド社)などベスト&ロングセラー多数。

ソニー創業者・井深大氏も絶賛した『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』や、『0歳からみるみる賢くなる55の心得』などが大人気の「脳科学の権威」久保田競氏と「脳科学おばあちゃん」久保田カヨ子氏。これまで、長らく、育脳教育の最重要指針に「早期からの算数力アップ」を掲げてきた。
そして、84歳になったばかりの注目書籍『小学校前にみるみる算数力がつく15の習慣――お風呂で唱えるだけで算数力がアップ!「お経式暗算法」ミラクルシート付き』が発売たちまち大反響!アマゾン第1位(「教育・学参・受験」&「子育て」ジャンル)、重版出来となった。
オビには「2歳でも小1の算数がとける!」という衝撃的なコピーがあり、最新脳科学に基づく「お経式暗算法」を取り入れた、世界初!?のメソッドで、お湯につけるとピタッとつく「お風呂に貼れるミラクルシート付き」だという。今回は、「脳科学の権威と脳科学おばあちゃんの84年史」について、著者にこっそり紹介してもらおう。

 子どもの算数の脳力を飛躍的に高めることのできる本を、私たちの84歳の誕生日の直後に出版できたことは、大きな喜びです。

 私は8歳のときに、研究者になることを決心し、25歳で医師になり、39歳のときにサルの「ワーキングメモリーのメカニズム」を研究し、ヒトとサルの前頭前野と関わってきました。
 これからも、研究とはずっと関わっていきたいと思っています。
 妻のカヨ子は、これを大いに助けてくれました。

 以下は、東京大学医学部の1957(昭和32)年の卒業生が、2016(平成28)年4月に発行した「卒後60周年記念誌」に、私が書いた文章を初めて紹介させていただきます。下記がその引用です。

前頭前野と関わった一生――久保田競

 講義には、ほぼ出席していたが、多忙であった。
「神経生理学」を専攻する決心がつき、本郷利憲君、大島知一君とFultonのMedical Pysiologyの中枢部分の輪読会をし、「Delayed Response」なるものを知ることになったが、これと一生付き合うことになった。
 林髞「条件反射学」の輪読会を始めたが、文学的な表現が多く、理解できないので、パブロフの原著をロシヤ語で読んだ。イヌで条件反射の実験を生理学教室で行った。
 級友の主催で、赤門前の「田村」で結婚式をし、長男が卒業試験の最中に生れた。
 大学院に進み、時実利彦教授の指導を受けた。
 時実先生から、留学を勧められ、断ったら、「騙されたと思って、行きなさい」と言われた。やむなく大学院を休学、両親に百万円を出させて、留学した。
 月収が600ドルで、研究専念の楽しい生活だった。
 2年で帰国、脳研施設の講師になり、医学部3号館建設の教員側の総責任者をやらされ、無事に立てることができた。
 1967(昭和42)年に、京都大学に霊長類研究所が設立され、時実先生から「サルで、いくらでも研究できるから、替わるように」と言われ、助教授になった。
 研究時代、研究所へ行ったら、松が生えている小山があるだけだった。山を平らにし、研究棟を建て、サル管理の施設を作り、サルを購入し、研究室を作って研究をした。

 できた論文を発表した。遅延反応を行っているサルの前頭前野神経細胞活動を記載した(1971、1974)。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)