西田栄喜(にした・えいき)   菜園生活「風来」(ふうらい)代表。大学卒業後、バーテンダーとなる。その後、ビジネスホテルチェーンの支配人業を3年間勤務。その後帰郷し、1999年、知識ゼロから起農。小さなビニールハウス4棟、通常農家の10分の1以下の耕地面積である30アールの「日本一小さい専業農家」となる。3万円で購入した農機具などで、50品種以上の野菜を育て、野菜セットや漬物などを直売。生産・加工・販売を夫婦2人でやりながら、3人の子どもたちと暮らす。借金なし、補助金なし、農薬なし、肥料なし、ロスなし、大農地なし、高額機械なし、宣伝費なしなど、“ないないづくし”の戦略で、年間売上1200万円、所得(利益)600万円を達成。基準金額95%未満でも105%超でも反省する「売上基準金額経営」を実践。地域とお客さんとのふれあいを大切に、身の丈サイズで家族みんなが明るく幸せになる農業を行う。著書に『小さい農業で稼ぐコツ』がある【風来HP】http://www.fuurai.jp/

写真拡大

借金、補助金、農薬、肥料、ロス、大農地、高額機械、宣伝費ぜんぶなし!
しかも、夫婦2人、初期投資は143万円だけ!
なのに、年間売上1200万円、所得(利益)600万円も「幸せに稼いでいる」人物が、石川県能美市にいるという。
東京から金沢まで約2時間半、そこから在来線で30分。そこにそびえ立っていたのは……ビニールハウス4棟、サッカーコートの半分、通常農家の10分の1の耕地面積=たった30アールしかない「日本一小さい専業農家」で、「菜園生活 風来(ふうらい)」代表の西田栄喜氏(48)。
かつてオーストラリア中をオートバイで走っていた西田氏は、元バーテンダー、元ホテル支配人だったという。
いま、風来で「怪現象」が起きている。
それは、2000円の野菜セットに送料2800円(沖縄)出す人もいて、野菜セットは「3週間待ち」というのだ。
日本海を臨む「日本一小さい農家」で、いったい何が起きているのか?
『農で1200万円!――「日本一小さい農家」が明かす「脱サラ農業」はじめの一歩』が発売された著者に、「農業に明日はない!しかし明後日はある!」の意味を聞いた。

「しかし明後日はある」の意味

 私が尊敬する大先輩農家はよく「農業に明日はない」と言っていました。

 ここで終わると身も蓋もないわけですが、その続きがあります。その言葉は、

「しかし明後日(あさって)はある」

 でした。

「農業に明日はない、しかし明後日(あさって)はある」

 その大先輩は、その「明後日の時代」を見ずに亡くなられたのですが、私はその「明後日の時代」がすぐそこまできているのではないかと思っています。

 先日のニュース(2016年8月1日)では、日本の農業の就業人口が200万人を割り込んだ(1990年には480万人を超えていたので、その4割程度にまで落ち込んだ)など、一見未来を感じられない報道でしたが、それでも農に対するイメージはずいぶん変わってきました。

 もう20年以上前になりますが、その農家の大先輩が農作業をしているときに、子どもをつれたお母さんがきておもむろに、
「〇〇ちゃん、勉強しないとこうなっちゃうからね」
 と言われたことを思い出します。
 時はバブル時代。しかし、あれからバブル崩壊、阪神大震災、リーマンショック、東日本大震災などを経て、日本もずいぶん変わりました。

 今、書店の農業コーナーに行くと、農家の著者が書いた本がずらっと並んでいます。
 こんなことは以前では考えられませんでした。
 それだけ農に対する意識が変わった証拠。これは「環境」というファクターが大きいと思います。
 そして、農業に本気あこがれる人が増えています。
 わが風来にも今、週に1件以上は就農の問合せがきています。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)