本日放送の、金曜ドラマ「砂の塔〜知りすぎた隣人」。今回は、気になる第1話のあらすじをお届けします。


(c)TBS

<あらすじ>

平凡だが家族仲良く暮らしてきた主婦・高野亜紀。

煌びやかなタワーマンションに引っ越してきたばかりの高野家には、最新鋭のセキュリティに守られた“憧れの新生活”が待っている……はずでした。あの、恐るべき隣人に会うまでは――。

光り輝く塔の裏にひそむ、タワマン主婦たちの激しい虚栄心。“強制ハロウィン”、“地獄のランチ”、“フロア差別”、“ゴミ出しにも正装”。

傍目には滑稽にも見えるそんなアクの強い女たちの生態を、隣人は巧みに利用し、思いもよらない方法で亜紀を追い詰めていく……。果たして、亜紀は大切な家族を守れるのか!?  そして、謎の隣人が高野家を狙う真の理由とは――!?


(c)TBS

<見どころ>

高野亜紀(菅野美穂さん)は、平凡だが幸せな主婦。家族で憧れのタワーマンションに引っ越し、新生活をはじめた矢先、自宅でフラワーアレンジメント教室を開く、佐々木弓子(松嶋菜々子さん)と出会います。

高野家のひとつ上の階に住む弓子も1カ前に引っ越してきたばかりといい、プライドの高いタワマン主婦のママ友グループに馴染めなかった亜紀は、すぐに弓子と仲良くなります。

誰にでも優しく上品で優雅な弓子を信じ、すっかり頼ってしまう亜紀だったが、弓子には、周囲の誰もが予想だにできない隠された裏の顔がありました……。

安全で清潔で、“子育てに最高の環境”であるはずのタワーマンション。

しかし実際には、最上階に住む寛子(横山めぐみ)をはじめとした、セレブ妻たちの見栄と虚飾にまみれた生活に疲弊していた亜紀。そんな中でママ友たちに連れて行かれた子ども体操教室で、彼女は昔の自分をよく知る幼馴染み・生方航平(岩田剛典さん)と運命の再会を果たします。ただ、亜紀にもまた、生方との関係を隠さなければならない理由があって――。

一方、世間お間を騒がす連続誘拐事件が勃発。事件の犯人像と、不気味な隣人・弓子との間に見え隠れする怪しい共通点があぶりだされていきます。

張り巡らされた伏線と、謎が謎を呼ぶ急展開の連続。謎の隣人・弓子……その正体は、子育てをおろそかにする母親の子どもばかりを狙う連続誘拐事件の真犯人なのでしょうか……?


(c)TBS

金曜ドラマ「砂の塔〜知りすぎた隣人」は今夜22時より放送です。

【関連記事】

※ 菅野美穂、三代目JSB岩田剛典を「パンダちゃんか赤ちゃんかガンちゃん!」と大絶賛

※ 三代目JSB岩田剛典、初の本格サスペンスに挑む!TBS金曜ドラマに出演決定

※ 心臓が止まるかも!? 観覧注意!恐怖映画3選

※ 大倉忠義が雪山に埋めてしまいたいほど恥ずかしい過去を告白、大島優子も爆笑

※ ディーン・フジオカ、観月ありさとの交流を明かす