人気コスメブランドの新モデルに抜擢されたのは17歳の男の子 / 想像を超えるメイクの腕前にも度肝を抜かれます

写真拡大

アメリカのティーンエイジャーを中心に人気のプチプラコスメブランド『COVERGIRL(カバーガール)』が新モデルとして起用したのは、17歳の男の子!

10代にしてメイクアップ・アーティストだというジェームズ・チャールズ(James Charles)さんは、NY在住。YouTubeには50万人以上の視聴者が、インスタグラムには61万7000人以上ものフォロワーがいるという有名人。

しかしいくら人気者とはいえ、チャールズさんの前にモデルにフィーチャーされていたのは、シンガーソングライターのケイティ・ペリーさんに、テイラー・スウィフトさんと超豪華な面々です。

しかも、このブランドでの男性の起用は、今回が初めて。どれほどレアな自体か、十分おわかりいただけるのではないかと!

【喜びのコメントを投稿】

名誉ある指名を受けて、チャールズさんは自身のインスタグラムにコメントを投稿。

「私は今、とてもとても興奮し圧倒され幸せで、同時に驚いています。ブランドにとって初の男性アイコンを自分が務めるということが、非常に光栄です」と、喜びを爆発させています。

また「誰かにインスピレーションを与えるため、そして自分自身を奮起させるために、私がインスタグラムで表現活動をスタートさせたのは約1年前。私の経験によって、誰でもメイクすることは可能であるということ、努力さえすれば何だって成し得るのだということを感じとってもらえたら嬉しい」とも書いています。

【ケイティ・ペリーさんとの撮影にドキドキ】

キリッとした太眉と艶っぽい目元が印象的な端正な顔立ちに、華やかなメイクがよく似合う。異例の抜擢を受けたチャールズさんは、『カバーガール』から知らせを受けたとき泣き叫んだと、アメリカの有名メディア The New York Times のインタビューでコメントしています。

また、ケイティ・ペリーさんとも対面を果たしたそうで「彼女はとても親切。ハグしてくれたとき『震えてるのね。私もあなたとおんなじように緊張してる』と声をかけてリラックスさせてくれた」とも。

【自分の存在が「障壁を取り除く」きっかけになればいい】

今やメイク業界はジェンダーレスな時代へと突入したと、チャールズさん。男性である自分が “カバーボーイ” となったことが、人種やセクシュアリティ、ジェンダーにおける障壁を取り除く後押しにつながれば、と願っているそう。

自身に満ち溢れたチャールズさんの姿を見ていると、自然と元気をもらえます。目が覚めるように美しく、魅力的で、聡明なチャールズさんの今後の活躍が、非常に楽しみですね!

参照元:Instagram @jcharlesbeauty @katyperry、The New York Times
執筆=田端あんじ (c)Pouch

インスタグラムをもっと見る