「少し離れたほうがいいかも…」カップルが距離を置くべきタイミング4つ(photo by Aleksandar Mijatovic/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】どんなラブラブカップルも、時には別れの危機を迎えることがあります。この時、別れる・別れないの他に、「一旦距離を置く」という選択を考慮にいれることもありますよね。それでは一体どんな時に距離を置いたほうがいいのでしょうか。今回はカップルが距離を置くべきタイミング4つを紹介します。

【他の記事を見る】長続きカップルの「意外な共通点」5つ

♥「好き」だという自信がなくなったとき


付き合った当初はラブラブだったのに、時間が経つにつれて、お互いの思いがわからなくなってしまうこともあると思います。

もし自信を持って「彼のことが好き」と言えなくなっているのなら一度距離を置いてみたほうがいいのかもしれません。

彼がそばにいれくれることが当たり前になってしまい、ドキドキを感じられなくなっているのかも。

もし彼と会わない期間を過ごして、「寂しい」「やっぱり好き」と感じたのならば、その思いを正面から彼にぶつけましょう。

距離を置いても彼への思いを再確認できないようなら別れを切り出すタイミングなのかもしれません。

♥大きなケンカに発展してしまったとき


ちょっとした口ゲンカなら、素直に謝れば済むかもしれませんが、大きなケンカに発展してしまったとしたら、中途半端に会ってもまたケンカになってしまうかもしれません。

お互い一度頭を冷やす意味でも距離を置いてみたほうがいいと思われます。

一度離れてみることで、自分の頭の中でしっかり整理することができますし、友達の意見なども聞くことができます。

冷静になった上で「どうしてケンカしてしまったのか」「お互い妥協し合えるところはないか」などを考えてみましょう。

ケンカ別れしてしまうことのないように、しっかり話し合える状態になるまで会わない期間をつくるべきです。

♥一緒にいすぎてマンネリを感じたとき


長年付き合っているカップルだと、時にマンネリを感じることもあるかもしれませんね。

ずっと一緒にいすぎたせいで新鮮さがまったく感じられなくなってしまった状態のようです。

そんなときは少しだけでも会わない期間を作ってみてもいいかもしれません。

カップルは会ってない時間でもお互いへの思いを募らせていくものです。

久しぶりに彼に会えば新鮮さが戻ってきて、また昔みたいに楽しいデートができるようになるはずですよ。

♥どうしても別れを切り出せないとき


付き合っていると情が湧いてしまい、気持ちはないけど別れを切り出すことができないなんていう人もいるのかも。

気持ちがないとはっきり自分の中でわかっているのなら、早く別れてしまったほうがいいはずです。

でもどうしても別れを伝えるのが辛いという場合は、「距離を置きたい」と伝えましょう。

彼もそう伝えられると嫌でも「別れ」を意識せざるを得なくなるでしょう。

しかし、この方法は気持ちは決まっているにも関わらず、切り出せないからといって「逃げている」だけです。

もし彼のためを考えられるのであれば、きっぱりと別れを切り出すに越したことはないです。

いかがでしたか?

カップルにとって「距離を置く」とは、別れの危機でもある反面、一人になってゆっくり考える機会でもあります。

2人できちんと話し合い、納得のいく答えを導き出すためにも、「距離を置く」ことをうまく使ってみてもいいかもしれませんよ。(modelpress編集部)