水道が止まった場合に備えて、常に浴槽や鍋などに水のくみ置きをしておこう

写真拡大

災害時に起こりがちなトラブルも、事前に対処法を覚えておけば安心! NPO法人ママプラグ認定アクティブ防災ファシリテーターの宮丸みゆきさんに教えてもらいました。

【写真を見る】入浴できないときは市販の汗拭きシートがお役立ち。湯で絞ったタオルにティーツリーのアロマオイルをたらして拭いても

【水が止まった】

大きな地震のあとは、水道が止まる可能性も考えて、常に浴槽や鍋などに水のくみ置きを。限られた水は、飲料・調理用と家事用など用途別に使い分けて。東日本大震災のときは、食器にはラップをかけ、下着は生理用品を使って、洗う回数を減らしたという人も。

【お風呂に入れない】

赤ちゃん用のお尻拭きシートや、市販の汗拭きシートが役に立ったという声も。汗拭きシートはデオドラント効果があり、肌がサラサラの感触になります。湯でタオルをぬらし、ティーツリーのアロマオイルを数滴たらして体を拭くのも◎。

ふだんから備えておけば焦らずにすみますね。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】