映画『裏切りの街』池松壮亮×寺島しのぶ、専業主婦と15歳年下フリーターの禁断の恋愛

写真拡大

映画『裏切りの街』が公開。2016年11月12日(土)から11月25日(金)新宿武蔵野館にて上映され、全国でも順次上映される。

今作が描くのは、平凡な専業主婦と15歳年下のフリーターによる禁断の恋愛とその果て。監督を務める三浦大輔が、自身のオリジナル脚本、演出で上演した舞台を映像化した作品だ。すでに舞台では描かれなかったその後が映像配信サービス dTVにて映像化され、多くの反響を呼んでる。今作は、それとは異なる編集が施された劇場版。

見どころは、人間の本質をえぐり、暴き出すようなリアルすぎる描写だ。無気力な毎日を送るフリーターの少年と穏やかで単調な日々を送る主婦。なにも不足のない日々の中に物足りなさを感じる彼らが出会い、嘘をつき、罪を重ねていく中で、人間の残酷さやエゴ、欲深さが見事に表現されている。

フリーター役を演じるのは『デスノート』で竜崎役を務める池松壮亮。そして、主婦役は『ヘルタースケルター』や『キャタピラー』などに出演した寺島しのぶが務める。これまでに数々の作品で実力を発揮してきた2人が、複雑な役柄を演じ切った迫真の演技には注目だ。また、主題歌は銀杏BOYZが担当。

■ストーリー
同棲する彼女に小遣いをもらいながら怠惰な生活を続けるフリーターの菅原裕一と、穏やかな夫と専業主婦として平穏な日々を送る橋本智子。なんの不満もない毎日。ただ何となく、はっきりとした目的もないまま、出会い系サイトで偶然会った二人は意味のない逢瀬を重ねる。季節が変わり、二人の関係すらも惰性になりつつあったある日、ある出来事をきっかけに日常が揺らぎはじめる。それでも「選択」することを避け、生温い日常に浸かり、流れに身を任せて生きてきた二人は中央線沿いの街の中でぐるぐると、あてどなく彷徨う…。

【作品詳細】
『裏切りの街』
公開期間:2016年11月12日(土)〜25日(金) 新宿武蔵野館にて限定公開
※全国でも順次公開予定
監督・脚本:三浦大輔
出演:池松壮亮、寺島しのぶ、中村映里子、落合モトキ、駒木根隆介、佐藤仁美、平田満主題歌:銀杏BOYZ「ピンクローター」
配給:エイベックス・デジタル


[写真付きで読む]映画『裏切りの街』池松壮亮×寺島しのぶ、専業主婦と15歳年下フリーターの禁断の恋愛

外部サイト

  • 「星空の映画祭 2016」長野で開催 - 星空の下で名作映画を
  • 映画『バケモノの子』細田守監督作品 - 日本アカデミー賞の最優秀アニメーション作品賞
  • ドキュメンタリー映画『デヴィッド・ボウイ・イズ』の追悼上映が全国でも - 大阪・新宿は延長決定