2016年ハロウィンの仮装の傾向と人気の衣装をドン・キホーテに聞いた!!

写真拡大

そろそろハロウィンということで、街中でもグッズや飾りをみかけることも多くなった。日本のハロウィンといえば、なんと言ってもコスプレや仮装が有名である。都内であれば渋谷や六本木などにここ数年はハロウィンの度に仮装した人々が集まり、大賑わいになっている。よって今年もどんな衣装を着ようかと、思案している人も多いのでは。しかし、凝った仮装をしようとすると、それなりにお金もかかる。ゆえにコスパのよいものを手に入れたいというのが人情であろう。「教えて!goo」にも「ハロウィン衣装」という質問が寄せられており、安く手に入れたいという声が多く寄せられている。もちろん安くとも、ちゃんとそのキャラクターになりきれることが条件だが、店頭ではどのような仮装セットが販売されているのだろう。気になったので日本最大級のディスカウントストア、ドン・キホーテにハロウィン衣装のトレンドと今年の人気商品について聞いてみた。

■男性や子どもにも広がり、扱いアイテムも年々増加

まず、近年のトレンドを教えてもらった。

「昨年人気だったのは、レディースの『ポリス』、『囚人』、『ナース』で、この状況はここ数年変わりません。かつては女性ものが中心でしたが、近年子ども向け、男性向け商品も大きく伸びております。2015年は2014年から取り扱いアイテム数を約5倍に強化、2016年はさらに強化しています。また、ハロウィングッズ全体でも2015年は約2倍に強化、2016年もさらに約1.2倍にしています」(ドン・キホーテ)

グッズの品揃えの増加割合だけでも、このお祭りの浸透度合いがよくわかる。今後も加速していきそうな勢いだ。

■幅広いニーズに対応したラインナップ

今年特に強化しているのは、どんな商品なのだろう。

「選択肢の幅を拡げていただけるよう、サイズ展開を強化しました。体の小さい方や、ボディラインを見せたい方向けにSサイズ、ゆったり着られるL、LLなど大きなサイズも増やしています。また、グル−プでも楽しめるよう同じ衣装の色違いや、妖怪やアニメキャラクタ−といった同じ系統のラインナップの展開も強化しています」(ドン・キホーテ)

グループでハロウィンを楽しめるという計らいは、若者だけでなく、家族で仮装を楽しむ人達にも喜ばれるだろう。1セット税込みで3,000円ほどから買えるというから、店頭で選ぶ段階から楽しめるかもしれない。

「衣装だけでなく、メイクでも差をつけたい人向けの商品も強化しています。貼るだけで簡単にプロ並みのメイクが再現できる『グリッターシール』や、『アイシャドウシール』といった商品、『リアルフェイクティアー』のような本物そっくりの涙を再現できる商品がおすすめです。また、グループで仮装をする人には、『スーパーマリオシリーズ』や、某携帯キャリアのCMの世界が再現できる、桃太郎、乙姫といった『和風コス』、『コップのフチ子』等もおすすめです」(ドン・キホーテ)

やはり、今年話題となったキャラクターは人気が出そうだ。

■男女別今年の売れ筋商品TOP3

最後に、今年のドン・キホ−テオンラインサイトでの売れ筋商品(2016年10月3日時点)を教えてもらった。

「レディースの第三位は『ブラッディーリトルガール』です。大きなくまのぬいぐるみがセットになった個性派コスチュームで、セットの血糊でカスタムすれば、迫力満点です。第二位は、フレアスカートとフロントの編み上げでラブリーなウィッチを演出できる『PARTYDOLLオレンジウィッチ』です。そして、第一位は『PARTYDOLLドーリーウィッチ』、ウィッチの必需品である大きなトンガリハットは、定番だけどやっぱり可愛くて人気です」(ドン・キホーテ)

ゾンビ系よりもウィッチ系が勝っていたとは、やはり「魔女っ娘」キャラは女子には根強い人気のようだ。

「メンズの第三位は、『マジカルヴァンパイア メンズ』です。今年のハロウィンはクールに決めたいという人におすすめ。パンツはストレッチ素材で履き心地もよく、スタイルもアップして見えます。ポケットつきなので外出にも最適です。第二位は、今大人気のあのキャラをモチーフにした『だめ杉さん』。6人で着れば雰囲気もばっちりでしょう。そして、第一位は『大人用ウォーリー』です。帽子もメガネも入っているので、すぐにウォーリーになることができます」(ドン・キホーテ)

意外なところが上位に入っていると思う人もいるだろう。定番や話題のキャラクターは、遊び心も満たしてくれるといったところか。

今年のハロウィンは月曜日、前日や前週に楽しむ人が多くなることが予想される。豊富なアイテムの中から、自分なりのコスチュームをみつけて楽しんでみるとよいだろう。ただし、盛り上がりすぎて迷惑をかけることがないように、周囲への配慮は忘れないでもらいたい。

●専門家プロフィール:ドン・キホーテ
グループの企業原理は「顧客最優先主義」。お客様の暮らしを支え、お客様にとって「なくてはならないお店」であり続けられるよう、行動することを定めている。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)