スウェーデン発の岩塩「rivsalt」が、食卓塩の使い方を変える

写真拡大 (全9枚)

どんな家庭にも、少なくともひとつはある「塩」。

「ただ塩を振るだけじゃ、塩気はあるけど味気ない……。」という方にオススメなのが、スウェーデン発の「rivsalt」です。



食卓で岩塩を削るスタイルを提案する「rivsalt」。

シンプルでコンパクトなおろし器と美しい岩塩が、食卓を彩ります。

[embed]https://www.youtube.com/watch?v=m65ThnB5kc0[/embed]

シンプルだけどこだわった感じに使えるのが嬉しいですよね。

ビン詰めの塩のように湿気で固まってしまう心配もなく、いつでもフレッシュな塩の味が楽しめます。




見てください、美しい色をした岩塩を。

「この料理にはどの塩をアクセントにしよう?」と考えたくなるほど、いろいろな種類の岩塩があります。




パッケージも素敵なので、ちょっとしたプレゼントにもオススメですね。

日本人の舌にはちょっと合わないかもしれないけれど、黒い岩塩は新発売の塩「LIQUORICE」。




同じく「rivsalt」で販売されている塩ブロック「BBQ」。そのまま食材を上に乗せてグリルができます。

BBQでサッと出したらかっこいいかも。



おろし器やボードは、サイズが選べます。味も見た目もお気に入りの塩を見つけてください。

とはいえ、塩分を取り過ぎには注意。ほんのアクセントを楽しむつもりでどうぞ。

[rivsalt™]