だんだん本物の夫婦にしか見えなくなってくる

写真拡大

お笑いトリオ「ロバート」の秋山竜次さんが架空のクリエイターになりきる人気企画「クリエイターズファイル」の最新作が2016年10月13日に公開された。

熊本県上天草市とコラボレーションしたコンテンツの第2弾で、上天草市に移住した北欧出身のラルフ・ボーデン氏と、妻で地元出身の万紀子ボーデンさんの「奇跡の夫婦」が経営するゲストハウス「deco-pon」の日常を秋山さんが一人二役で演じる。

秋山さんの「異常な演技力の高さ」で大人気コンテンツに

「クリエイターズファイル」はオンライン書店「Honto」が発行しているフリーマガジン「honto+」で2015年4月に始まった連載企画だ。honto+でのインタビュー記事に加え、ドキュメンタリー風の動画コンテンツをYouTubeなどで配信している。

「現代を代表するクリエイターがそれぞれのフィールドで仕事ぶりや人生について語るシリーズ」

とあるが、主人公は全て秋山さん。秋山さんはこれまでウェディングプランナー、メディカル・チームドクター、ダンスパフォーマー 兼 振付師など様々なクリエイターを演じてきた。

人気の理由は、秋山さんの「異常な演技力の高さ」にある。全て架空の人物であるにも関わらず「なんかこんな人テレビで見たことある!」と思わせるリアルな演技が注目を集め、2016年10月時点でシリーズの累計再生回数は900万回を超えた。

10月13日に公開された「ボーデンさん、TVに出る! (2)【ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル#19】」は上天草市とコラボレーションしたコンテンツの第2弾。秋山さん演じるラルフ・ボーデン氏と、妻の万紀子ボーデンさんが、夫婦で経営するゲストハウス「deco-pon」を舞台に上天草市の魅力を伝えるというストーリーだ。

途中から実在する夫婦にしか見えなくなってくる不思議

今回はゲストハウス「deco-pon」にやって来た宿泊客と夫妻の触れ合いの様子や、上天草市の堀江隆臣市長が、地域に貢献したラルフ氏の功績をたたえ、市長室で表彰するシーンなどを映す。

秋山さんは今回もその演技力を遺憾なく発揮し、国籍も性別も違う夫妻を完璧に演じ分けている。

来日6年目という設定のラルフ氏はかなり流暢に日本語を話すが、ところどころ助詞がおかしかったり、会話の途中で流暢な英語が混ざったりする。「日本にはだいぶ慣れたが、まだ完全には帰化していない感」が絶妙だ。

万紀子さんは独特な価値観を持ったボーデン氏を力強く支える日本人女性。マイペースなボーデン氏の仕事を優しくせかしつつ、ゲストへの配慮を忘れない細やかな気配りがリアルな「ゲストハウスの女将感」を醸し出している。

演技があまりに自然なので、二人とも秋山さんなのに途中から実在する夫婦のドキュメンタリーを見ているかのような感覚になってくる不思議な動画だ。10月後半には第3弾の公開も予定している。